メインメニューを開く

Uncyclopedia β

店長

店長(てんちょう)は、日本において7番目に多い苗字)であるといわれている。一族の結束が固いことが知られ、しばしば「店長会議」と呼ばれるサミットを開催している。近縁の旧家に店主一族がある。

概要編集

歴史をたどると、明治維新前後の番頭を中心とする商人らがその起源といわれている。商売に長けた彼らは資金面等で天皇側を支援したことから新政府から店長の姓と莫大な報奨金が与えられた。店長一族らは報奨金を有効に使用するとともに子孫の繁栄のために定期的に寄合を開くようになった。これが店長会議の始まりともいわれる。

あまりにも多い姓であるため、ほとんどの商店飲食店、その他非合法店舗などでも、たいていの店舗にひとりくらいは店長さんがいることが多い。そのため、その店舗で気に入らない出来事があった場合に、その店舗の従業員の名前まで知っていることをアピールするために、「店長を出せ」と叫ぶクレーマーが多く見られる。なお、素人クレーマーは従業員名を知らないため「責任者を出せ」と抽象的表現を使うことが多い。

このような場合には、その店舗の店長さんが応対に出て、事を穏便に済ますべく対処する。ただし、店長と言えども人の子、時には穏便に済まずにちょっとエキサイトしたり、殴る蹴るの暴行を加えられたり、加えたりする場合も見られる。また、その店舗の店長さんが、ゴツくて怖そうな人な可能性もあるので、迂闊に「店長を出せ」と叫ぶのは諸刃の剣である。 なお、不必要な危険を避けるために、店長姓の者は、名刺に本名(姓)を小さく書き、その下に通名をフルネームで記載することが許されている。

栄転や左遷により社長姓となった者や、窓際族となった者は一族から除外されることも知られている。また成人式に出席後、一応成人となっても店長一族としての自覚が足りない者には、店長研修と呼ばれる制裁が加えられることがあるという。ただし、その制裁内容は謎に包まれている。

一族の特殊技能と権限編集

 
店長の権限を濫用し、店員に売られてしまった店長。

前述のクレーマーまがいの脅迫に対応するために、店長がいる店舗では、次のような権限が与えられている。 名前が店長であるというだけで、色々生意気で横暴に見えることがあるので、嫌われ者も居るようだが、本人はそのことに気づいていなかったりする。

  • 権威をひけらかすために、他の従業員にタメ口を使用する権利
  • 自分だけ好きな時にタバコを吸える権利
  • 気に入った異性を従業員として採用する権利
  • 気に入らない従業員に「ゴミ捨ててきて」と命じる権利
  • 朝礼やミーティングなどと称して校長先生の話より長い会議を開催する権利

関連項目編集