メインメニューを開く

Uncyclopedia β

徳光和夫の感動再会"逢いたい"

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「徳光和夫の感動再会"逢いたい"」の項目を執筆しています。

徳光和夫の感動再会"逢いたい"(とくみつかずおのかんどうさいかい あいたい)は、TBSで放送されていたバラエティ番組。フジテレビテレビ朝日での同番組の放送予定はない。ただし朝日が放送圏外で「朝まで生ドラ」が見られない、などと愚痴らないように。

目次

概要編集

紀元前2000年頃に放送された特番『徳光&安住の黄河文明・"夏王朝の謎を探れ!"スペシャル』が前身。好評なためレギュラー化され、進行が安住紳一郎から安東弘樹に交代した時、現在のタイトルに変更された。誤りと嘘八百でいっぱいの八百科事典「アンサイクロペディア」の日本語版に存在する数多の記事のうち、もっとも項目名が長くて、貴重なウェブサーバーの領域を無駄づかいしている記事の執筆時に参考とされた番組という。また、アンサイクロペディア(平行世界)の住人にこよなく愛されているが、皇族の障害者への憂さ晴らしに一部利用されているとの報道もある。

番組内容編集

世の中には何らかの理由で逢いたくて逢いたくてたまらない人たちがいる。

そんな方たちに少しでも役立ちたい、障害者支援をしたいというのが、この『逢わせ屋』だ。逢わせ屋は、依頼人の「逢いたい人」を必ず探し出し、人間失格の烙印を押す。ただし、以前、依頼人がスタジオで相手側に「私を見捨てた!」と怒りをぶつけ修羅場と化し「人間失格」の烙印を押された事があった。

しかし依頼人はスタジオで査定員から「逢うべきか?」「逢わざるべきか?」とシェイクスピアの真似を強要され、査定員の過半数の支持を得られた場合、再会できるといういたって単純なシステム。天皇や皇太子など皇族の飛び入り参加も見られるようになった。それだけ開かれているのでどんな人にも入りやすい環境と言えよう。

さらに『もうひとつの逢いたい』という、例えば一般国民が雅子妃に逢う、イラク人やイラン人がイスラエルに出向く、フランスのシラク氏がイランを挑発する、浮浪者がぬ口べ口に逢うなどという超感激・感動企画も用意されている。

しかし2008年11月、同局が2009年3月30日より、平日17:50 - 19:50 (JST) の時間帯での大型報道番組を放送することを発表。そのため同年3月19日の2時間スペシャルをもって最終回となることが一部テレビ雑誌で発表され、終了したが、2009年10月8日に3時間スペシャルとして復活した。

司会者編集

パネラー編集

関連項目編集

外部リンク編集