メインメニューを開く

Uncyclopedia β

折田先生像

折田先生像(おりたせんせいぞう)とは、自由の気風を伝えるためにできた看板とそれに付属する像のことである。

お願い:この項目「折田先生像」はアンサイクロペディア日本語版の一ページとしてアンサイクロペディアの創設に尽力し、アンサイクロペディアに自由の気風を築くために多大な功績を残した項目です。どうか先生像の記事をコスプレで飾ってください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「折田先生像」の項目を執筆しています。

目次

モデル編集

もともと折田先生像の看板は自由の看板と呼ばれていた。この看板は製作者である折田彦市氏の信条でもあった「自由の気風を人々に伝えること」を目的にできたとされる。彼は自由の気風を伝えるために、そして注目を集めるために仮装して日夜この看板を持って全国各地を歩き回っていたという。知人によると、折田彦市はかつて「土日だろうが、お盆だろうが、正月だろうが、自由の気風を広めるためならどんな活動も休む気にはなれない。」と熱く語っていたという。

そのような生活をしていた彼には、疲労が積み重っていった。そして、過労から来た病には勝てず死んでしまった。彼の心残りは、世界中のすべての人々に自由の気風を伝えることができなかったことだろう。それは遺書によっても察することができ、遺書には「誰か私の活動を引き継いでくれ」と書かれていたという。

死後編集

彼の死後、知人たちによって彼が終生大事に扱っていた看板とともに、彼の仮装姿をかたどった像を置いたところ、生前の彼の活動を知っている人たちによって自由の気風が広められた。知人たちはその反響に驚き、そして、「これで彼の供養になる」と知人は泣いて喜んだとされる。

なお、オリジナルの像と看板はなぜか京都大学に存在しており、本物は歴史的価値があり衆目の前にさらすわけにはいかないということで、倉庫に厳重に保管してある。折田彦市氏の活動を支える人々により自由の気風に感化された学生からは、たびたび大学あてに「自分たちにも先生の看板と像を見せてくれ」という嘆願書が寄せられるという。

その嘆願は毎度却下されるのだが不満を募らせた京都大学生の一部は、いっそ自分で折田先生の看板と像を作ることを画策し、実際に仮装した折田先生が看板を持つ姿を像にすることで大学に対する不満とやり切れない気持ちを抑えていた。そのようなことが何代も続くうちに、大学生が作る自作折田先生像と看板の数はいつしか十数体を超えていた。

そんな発想力豊かで自由の気風に感化された大学生の作る看板と像は、バリエーションとユーモアに富み人々の目を楽しませた。そして、その行動は看板と像を作る大学生が知ってか知らずか、学生やその他社会人に自由の気風を伝えることに貢献し、折田彦市の理想に協力することにつながった。それに気づいた学生たちは、折田彦市の理想を実現しようと、日夜喜び勇んで折田先生像の制作に励んでいる。       

アンサイクロペディアにおける折田先生像編集

アンサイクロペディア内でも折田彦市の理想に共感する人物が自由の気風を伝えるために、折田彦市氏の看板と折田先生像をアンサイクロペディア風にデフォルメした{{Historical}}が制作された。この{{Historical}}の貼りつけによりワンチンなどの自由の気風が存在していた頃にできた記事は、ユーモア不足などという味気ない理由により削除されていないのだ。ただし、現在はユーモアのない記事は、よほどのことがない限り一律削除対象のため、いくら自由の気風と言ったって存続が許されない日が来るかもしれない。

ちなみにウィキペディアでは、数少ないユーモア精神をもったウィキペディアンが、ウィキペディア内の折田先生像の記事に看板を貼り付けたが、ウィキペディア内での少数派の健闘もむなしくあえなく撤去されている。ユーモアのわかる人たちはその行為を批判するために考えを巡らし、ノートにも看板のパロディを残すなど[1]抵抗の跡があるが結局は無駄であった。この事例はウィキペディアでは自由の気風が根付くことがないことを意味するものとして重要である。

その点アンサイクロペディアは、看板の存続は認めている。その理由は頭の固い連中とは違い、昔ほどではないにしろアンサイクロペディアに、自由の気風が残っているからなのだろう。            

脚注編集

  1. ^ いつ頭の固い連中に消されるかわからないので、こちらにアンサイクロペディア風に加工した魚拓を取ってある。

関連項目編集


この記事「折田先生像」は将来的にアンサイクロペディア日本語版の項目としてアンサイクロペディアの発展に尽力し、アンサイクロペディアに自由の気風を築くために多大な功績を残す項目となる予定です。どうか汚さないで下さい。 (Portal:スタブ)