メインメニューを開く

Uncyclopedia β

村上堀江孫三木谷ライブドアソフトヤフーバンクグーグル投資ファンド

村上堀江孫三木谷ライブドアソフトヤフーバンクグーグル投資ファンド(むらかみほりえそんみきたにらいぶどあそふとやふーばんくぐーぐるとうしふぁんど)とは、美しい国日本経済に大きな力を持つ超巨大企業である。社長は村上 憲郎(むらかみ のりお)であり、世界最高と自称するマイクロソフト読売朝日毎日日本経済産経新聞グループなど巨大企業と並び、日本の政治、経済、社会などの分野を動かす重要な企業である。

社名では投資ファンドとなっているが、実はこの会社の主力はファンド(投資信託)ではなくインターネット検索や電話サービスである。

概要編集

このとても長い社名は、昔(2017年以前)あったソフトバンクグループYahoo! JAPAN)や、ライブドアホールディングスなどの日本では知ってて当たり前の大企業が、三井住友三菱東京UFJ明治安田東京海上日動りそな日本興亜大同第一拓殖新生みずほフィナンシャルグループが2012年に成立した事をNHKフジ東京日本テレビ朝日のニュースで、アナウンサー歴が十年以上のベテランが噛んだ長いニュースを社長が視聴したことから始まった。

ライブドアは、2006年に起きた堀江貴文のライブドアショックで業績が思うように回復せず、ソフトバンクは、子会社のソフトバンクモバイルが携帯電話部門で、KDDIau)、NTTドコモにやられ続けており、さらに、やはり子会社のヤフーが運営するポータルサイトのYahoo! JAPANはとうとうGoogleJapanにアクセス数が抜かれる、Yahoo! BBNTTのフレッツに客を取られるなどが起きた。

それによって「二社が経営破綻目前」との報道がなされたことにより経済業界にも大きな揺れが起き、「会社が無くなるよりも一緒になった方がまし」と社長達は判断したため2013年、ソフトバンクを存続会社としてソフトバンク株式会社と株式会社ライブドアホールディングスが合併し、持株会社「ソフトバンクライブドアホールディングスグループ」が成立。ヤフー、ソフトバンクモバイル、ソフトバンクテレコム、ライブドアなどの子会社を傘下に収めた。 そして、5年後に検索エンジンナンバーワンと威張っていたGoogleJapanとの激しい株式争奪戦を繰り広げ吸収合併。「村上堀江孫三木谷ライブドアソフトヤフーバンクグーグル投資ファンド」が成立した。

ちなみに無関係な堀江貴文ホリエモン)の名前が入っているのは、彼も新しい会社を立ち上げ、この会社の株を持っているからであるらしい。

村上堀江孫三木谷ライブドアソフトヤフーバンクグーグル投資ファンドに関する歴史編集

  • 1980年 - 米国留学から帰国した孫正義が福岡市博多区雑餉隈で2名のアルバイト社員とともにコンピュータ卸売事業の「ユニソン・ワールド」を設立し、後にソフトバンクになる。
  • 1996年1月 - バックリンクを作るスタンフォホォード大学の学生により開発され、後にGoogleとなる。
  • 1996年1月 - ヤフー本社とソフトバンクの共同でヤフー株式会社設立。
  • 1996年4月 - 東京都港区南青山3丁目13番18号 313南青山ビル 8階に堀江貴文(通常:ホリエモン)がオン・ザ・エッヂ(後のライブドア→ライブドアホールディングス)を作る。
  • 2001年8月 - グーグル株式会社が設立。
  • 2006年1月 - ホリエモンが逮捕される。
  • 2006年10月 - ソフトバンクがボーダフォンを買収しソフトバンクモバイルとなる。携帯電話事業に参入。
  • 2013年 - ソフトバンクライブドアホールディングスグループが成立。
  • 2018年 - 村上堀江孫三木谷ライブドアソフトヤフーバンクグーグル投資ファンドが成立。
  • 2019年 - ソフトバンクが倒産し、Murakami-Horie-Mikitani Livedoor-Google Investment fundというように、英語表記に変更。