メインメニューを開く

Uncyclopedia β

麻原彰晃

松本智津夫から転送)
Nuvola apps important yellow.svg この方はポアされました。
ご冥福を祈るとオウム信者扱いされます。
麻原彰晃
ファンタシースターオンライン2 麻原彰晃尊師シンボルアート0001.png
空中浮遊.jpg
基本資料
本名 松本智津夫(まつもと ちづお) 
職業 オウム真理教代表、最終解脱者 
好物 ポアサリンVXガスメロンバナナ牛肉パーコー麺偽善信者宗教 
嫌物 自分に従わない者警察拘置所国家権力 
出身地 ニルヴァーナ(?) 
出没場所 拘置所便所および独房 
所属 オウム真理教

麻原 彰晃(あさはら あきあきしょうこう、1955年3月2日 - 2018年7月6日尊師とは、世界五大詐欺教祖の一人で、日本革命家科学者作曲家歌手声優俳優芸能人教育者元死刑囚であり真理国の神聖法皇、また唯一神。本人曰く、「十法諸仏の変化身、マイトレーヤの変化身、未来の仏陀、世界の尊師」である。も兼業していた恐るべき人物。過去にはしょうこうから採ったしょこたんという愛称があった[1]。太古の昔には、日本を創造した人物であり2010年版新訳聖書にも登場する。口癖は「ポア」。オウム真理軍将校(通称:麻原将校)所属。

マスコミでは「麻原彰晃」は一種の放送禁止用語となっており、「松本智津夫」(まつもと ちづお)と差し替えているのだが、アンサイクロペディアでは、一連の事件の風化を未然に防ぐため、あえて「麻原彰晃」と表記する。

「ポアしかない!」
ポアするぞ!ポアするぞ!
ポアするぞ!ポアするぞ!
ポアするぞ!ポアするぞ!

目次

革命家としての麻原編集

旧態然とした日本の政府を作り変えようと決意し1990年、「真理党」を結成し、衆議院議員選挙に出馬する。しかし政府の弾圧により落選した。

その後、より現実的な方法を考慮した結果、少数の人員でもってシャンバラを極東に作り上げるにはクーデターで政権を奪取して、社会の仕組みそのものを自分たちの考えで動かさなければその理想は実現されないとの結論に至り、武力行使による政権奪取を計画する。

余談ではあるが、武力行使による政権奪取は中大兄皇子からナポレオンザビ家まで枚挙に暇がなく、その意味で麻原尊師は歴史上の英雄と同じことをしようとした人物であり、私のなり損ねた英雄の写真棚にその姿を連ねている。

 
革命に失敗し死刑の判決を受け、満面の笑みを浮かべる麻原彰晃。

1993年、日本国の事実上の総統である創価学会名誉会長池田大作を殺害しようとするが失敗。
1994年、真理国の独立宣言を行い神聖法皇となり、事実上の宣戦布告となる。1995年には千代田線・丸ノ内線・日比谷線を用いた霞ヶ関攻撃作戦が実行される。しかしこの年の5月16日に上九一色村で自宅警備員をしていたところが、警察の手によって外に引き出されるも故に直ぐに牢屋の中に入れられた為、脱会。また脱会を機に一時内部分裂が発生。

しかし、その革命的思想により酒鬼薔薇聖斗宮崎勤宅間守京都アニメーション放火犯らAクラステロリストを超えるSクラステロリストとして国際的に認定され、田代まさしスターリン同様TIME誌の表紙も飾った。

科学者としての麻原編集

麻原尊師は早くから組織的に化学薬品の研究を行っている。
1986年IPS細胞を発見。医学界に衝撃を与えるが、陰謀により封印される。とくにサリンVXガスの人体への影響では優れた実験的検証を行っている。また、こうした薬品を社会一般に認知させる等化学の普及活動にも尽力した。

こうした活動が認められ、麻原尊師はノーブル平和賞を受賞している。

健康食品ブランドとしての麻原編集

 
サリンからを抜いた「サリンエキス」を配合した「サリンビール」。

厚生省や一部地域のスーパーにおいて「サットヴァ・レモン」「ハイビタン」といった栄養補助食品を販売した時期がある。また、水炊き野菜煮物等の料理の際には重宝する「ミラクルポンド」という聖水も販売していた。これは簡潔に説明すると、麻原が風呂に入った際の残り湯をろ過した物である。特に数週間ぶりの入浴の際のものは多量の麻原のが含まれており、大変効果が高い。さらに毒ガスのサリンを毒抜きした「サリンエキス」を配合したサリンビールも作られていた。
ほかにはVXガスを特殊な製法によって毒抜きした「VXエキス」を使ったVXアイスや麻原の溜まった食塩栄養ドリンクにしたものがあるが、ミラクルポンドよりは効果は低い。これら徳や聖なる力のこめられた飲食物は大変高価なため気軽に使用するのは難しい。

オウム食品の健康食品は必ず麻原尊師のマントラによる浄化を経ている。しかし、しばらくするとアストラルテレポーターなる録音・再生装置がその役目を果たすようになった。

近年、プロテイングルコサミンにも進出している。

芸能人としての麻原編集

奇抜な髪型とファッションが人気を集め、たびたび『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』をはじめとするバラエティ番組ワイドショーローカル番組に登場した。意味不明な発言も人気を呼び、西村知美相田翔子並みの天然ボケキャラを売りにし、そのキャラクターは北野武に「新興宗教の教祖の中で一番論理的だ」という皮肉を言わしめるほどであった。

1990年にはオフィシャルテーマソング「彰晃マーチ」を発表[2]。「しょーこーしょーこーしょこしょこしょーこー あーさーはーらーしょーこー」の親しみやすいフレーズが子供達の間で爆発的なヒットを飛ばし、各地の学校の音楽室ではリコーダーや鍵盤ハーモニカによる演奏会が行われた。さらに「ポア」「サティアン」という言葉も大ブレークした。

歌手人生としての最大のヒット曲は「尊師マーチ」だが、この曲が発売されるおよそ100年前、1884年(明治17年)に「仰げば尊師」という曲がセブンイレブン第七サティアン店にて発売された、作詞は秋元康が務めた、作曲者は不明[3]、セブンイレブン 第七サティアン店でしか発売されなかったため、発売初日には、長蛇の列が第六サティアンまで続いた。この曲は後に卒業式の定番ソングとなる。今現在、「仰げば尊師」を扱っているところは少ない、あったとしてもプレミア価格である。

1992年には「ウルフルズ」を結成、ボーカル担当のトータス松本として活動していた。現在は尊師がつかまったため、影武者が活躍している。

1996年、東京地方裁判所に登場した際に「私は麻原彰晃ではありません。」と言って長髪から短髪へとイメチェンした。

2018年、空中浮揚に失敗した事が判明したが、別のイカサマで昇天の上にとなった。その証拠に西日本を中心とした大雨に始まり、台風19・20・21号三姉妹や北海道の地震でハルマゲドンを起こしたと諸説がある。

2525年には遺作の随筆風ライトノベル枕尊師』が出版された。特装版には「抱きまくら尊師」も付録として付く予定となっている。

音楽界では、1992年の「エンマの数え歌」を最後に引退している。

教育者としての麻原編集

麻原尊師のもとには、多くの若者が集まったとされる。オウム神仙の会と呼ばれる教育団体を立ち上げ、上祐史浩ら多くの有力者を育てた。

  • 集団生活の重要性を教育すべく、徹底した管理を行い、秩序を乱すものには死を与えた。
  • 役割分担の重要性を教育すべく、製造役・散布役・運転役等の係決めを行った。
  • 貯蓄の難しさを教育すべく、若者たちから大量の金銭を巻き上げ、自分ひとりが裕福に暮らした。

娘の教育にも力を注いだ。グローバルスタンダードの精神を見に付けされるため、「ゆみ」という名の娘を「アーチャーリー」と改名させたほどである。 一連の事件以後後から教育関係者への尊敬度が右肩下がりになったといわれている。[4]

アニメーションの監督としての麻原編集

麻原は1991年に「教徒アニメーション(通称:教アニ)」というスタジオを設ける。主な作品として『尊師の拳』『ポアゴンボール』『聖闘士彰晃』『勇者サリンカイザー』『ポアットモンスター』がある。アニメに登場する美化された麻原(きれいな麻原)と、実際の麻原とのギャップは、1995年当時のマスメディアでも話題になった。

神としての麻原編集

麻原尊師は田代まさし又吉イヱスと並んで日本三大神とされる。しかも前二者と違って、戦う神として圧倒的な存在感を示し、チベットダライ・ラマからも賞賛された。

自らは仏教ヒンズー教拝火教拝金教等の頂点に立つ唯一絶対の神と称した。

また、ポアという、他者を勝手に成仏させる儀式を得意とした。

「シヴァ神と真理勝者にポアされてよかったね」
ポアする前の一言 について、麻原彰晃尊師

ちなみに儀式の際には、供物としてメロンが捧げられる。そして麻原彰晃尊師がこのメロンにむしゃぶりついて汁を撒き散らかすことが功徳になると言われている[5]

空中浮遊に失敗編集

法務大臣である上川陽子は赤坂自民亭で女将を務めるのにあたり、面白い余興はないかと探していた。忙しい首相が災害対応をほったらかして出席するほどの大イベントなので、余興が面白くないと首相の不興を買って今後の政治家生活が危なくなるかもしれない。
彼女は「麻原は空中浮遊が出来る」という月刊誌『ムー』の記事を読んで、ホテル小菅の特設ルームで「麻原空中浮遊大会」の開催を命じた。この大会はオウム真理教が以前に開催した水中クンバカ大会と同じ趣旨であり、あえて身を危険に晒しながら、超能力でその困難を克服しようというイベントである。具体的には麻原が首に縄を付けて高所からぶら下がる、でも空中浮遊が出来ればノーダメージという単純な仕組みであった。

「例えば、ここにだよ。殺人をしている宗教の教祖がいたと。殺人している教祖は人殺しを繰り返しているので、地獄で苦しむ期間が長くなってしまう。そこに法務大臣であるワタシが現れ教祖をポアしたと。これは一般に見れば単なる死刑執行ですが、ヴァジラヤーナの観点が背景にあるのならこれは立派なポアです。」
麻原の死刑執行命令書 について、上川陽子

刑務所での生活編集

尊師は服役中面会に来た娘たちの前でオナニーをしたらしい、それを見ていた刑務官や娘はどんな感情だったのか、私にはわからない、他にも糞をトイレでせずになぜか牢屋の中でしたりなど刑務所にて尊師は一層活性化の一途をたどり、前述の空中浮遊失敗に行き着いたと考えるとなんとも...。

友人編集

麻原彰晃への各界からのコメント編集

「さようなら尊師、ボクは分派します。死刑になってもジタバタしないでさっさと逝きなさい」
麻原彰晃 について、元オウム真理教教団広報部長上祐史浩
「愚鈍な大衆はポアされなければならない。」
麻原彰晃 について、上祐史浩の同期朝倉泉
「麻原彰晃は又吉イエスに地獄に投げ込まれる者である。」
麻原彰晃 について、ネ申

脚注編集

  1. ^ 麻原尊師と同じく神と崇められている中川翔子(なかがわ しょうこ)が生まれるより前の話である。
  2. ^ 後に「彰晃」を「尊師」に差し替えた「尊師マーチ」も発表された。
  3. ^ 麻原自身という説もある。
  4. ^ なぜなら「オウム真理教が開発した教育プログラム」を、国が指導方針として取り入れていたからであった。
  5. ^ この食べっぷりは志村けんスイカ早食いをはるかに凌駕する。
  6. ^ 妻である石井久子はホーリーネームで呼ばれていた。

関連項目編集

海外安全情報
ウィキペディアの「麻原彰晃」周辺は治安が悪化しているため、渡航の是非を検討してください。
  この「麻原彰晃」は、宗教上の都合により、今はまだ完成をみることがかないません。私達は、宗教上の都合により、あなたに、執筆を委ねることしかできません。是非、宗教上の都合により、私達の夢をかなえるためにも、あなたの力でこの「麻原彰晃」を完成させてください。 (Portal:スタブ)