メインメニューを開く

Uncyclopedia β

植木職人

植木職人(うえきしょくにん)とは、植樹、移植、剪定など、植木の管理を行う技術者である。類似の職業に庭師や造園師があるが、植木職人は特別な職業であり、誰でも努力すればなれるというものではない。

技術の継承のために、植木職人同士で師弟関係を結ぶのが一般的である。世襲が容認されている。また、法人化することもできる。

目次

植木職人になる方法編集

植木職人になるには民意が必要である。民意とは読んで字の如く、国民や住民の総意のことである。趣味の園芸を行うことは個人の自由だが、職業として植木職人を営むには、「あなたは植木職人になるべき」という民意が必要不可欠である。逆に、民意があれば、植木職人になりたくなくても植木職人にならねばならない。例えそれが財界の有力者や大物政治家であっても、民意があれば植木職人にならなくてはならない。

 
弟子たちに植木の段取りを説明する神武天皇

歴史編集

最も古い記録としては、古事記に、神武天皇が東征の途中に立ち寄ったある村で、村人たちの民意を汲んで、東征のかたわら植木職人を営むようになったという逸話がある。神武天皇は植木職人としてたいへん優秀で、大勢の弟子を抱える親方であったと伝えられる。ただしこれが歴史的事実であったかについてははっきりしない。

江戸時代には、諸国の大名達が競って大名庭園を造った。造庭には大名が雇った植木職人を使うのが普通であったが、中には民意に推されたがために植木職人となって自分で庭を造らねばならなかった大名もいた。

 
某党の2009年マニフェスト。2010年版は余りに不敬な内容のため公開されていない

現在のシステム編集

民意を測るためにマニフェストという最新の手法が用いられている。ある人物を植木職人にしたい場合、あるいは、自分が植木職人になりたい場合、いずれかの公党のマニフェストに「○○×男は植木職人になるべき」というような公約を盛り込んでもらい、その党が選挙で勝利する必要がある。その選挙が国政選挙であるべきか、あるいは、地方選挙でもよいかは、対象者の前職によりランク分けされている。

天皇は植木職人になるのか編集

ところで、民意があれば、たとえ天皇でも植木職人にならねばならないのか? 民意も大事だが、かしこくも天皇陛下におかれては友愛されました

関連項目編集

外部リンク編集