メインメニューを開く

Uncyclopedia β

楽市・楽座

この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情DHMOが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「楽市・楽座」の項目を執筆しています。

楽市・楽座(らくいちらくざ)とは、織田信長豊臣秀吉が16世紀から17世紀にかけて行った市場の改革である。この二人の英雄が行った改革により当時の日本経済が飛躍的に活性化されたた。

主な改革編集

織田信長が京都を目指し上洛を進めていたのには、裏の理由があった。それは田舎の尾張では、好みのジャンルのエロ本エロDVDエロゲーがなかなか手に入らないという悩みである。しかしこの状況は京都に近づいても一向に改善されなかった。不審に思った信長が秀吉に調査させると、アダルト市場に独占的特権を持つ座や問丸といった商人組合が、製作・流通・販売に至るまで一定のジャンルのブツしか取り扱っていないということが判明する。

この事実に激怒した信長は、ただちにこれらの組織を解散させることを思いつく。しかしその理由が「わし好みのオカズが手に入らないから」では天下人の沽券に関わると言うものである。そこでダミーとして他の分野の無関係の座まで解散させた。理由はあくまでも「市場の活性化」であったと触れ回り無事目的は達成された。つい近年まではこれが本当の理由であるとされていた。

これまで座に入ることができなかった(たとえばマニアックなジャンルを扱っていた)業者も、堂々と商売を行うことが出来るようになり、それら業者はもとより信長の領地の全ての男達が信長の英断を褒め称えたという。やっとお気に入りのエログッズが手に入るようになり信長は至極ご満悦であった、と同好の士であったといわれる山科言継が日記に書き残している。

この後、信長の後を引き継いだ秀吉が日本国中にこの政策を行ったことによって、あらゆるニッチなジャンルの18禁ものまでが全国津々浦々に流通するようになり、HENTAI大国ニッポンの礎が築かれたと言える。 ちなみに信長どのようなジャンルを好んだかは諸説あるが、おそらくショタコンものではなかったかと言われている。ちなみに秀吉はお姫様・貴婦人もの、信長の盟友・徳川家康は未亡人ものを好んだことは、彼らの側室の出身傾向により推定されている。

うわさ編集

  • 楽市・楽座はずっと前から六角氏により行われており、織田信長が最初ではないという。
  • 楽市・楽座の意味は楽に座って楽に儲けるのうわさもある
  この項目「楽市・楽座」は、日本史に関連した企画書ですが放送日が迫っています。アンサイクロペディアではその時でないのに歴史が松平アナを動かす! (Portal:スタブ)