機巧童子ULTIMO

機巧童子ULTIMO(からくりどうじうるてぃも)とはマッドサイエンティストスタン・リーによる実験レポート及びその実験の背景を書いた自伝小説。武井宏之によって漫画化され、ジャンプスクエアで連載中。

spoiler
spoiler

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、ヒトラーがユダヤ人である事を記した文書はカウフマンに確保されるものの既にヒトラーは死んでいたことや、夜神月は二アに負けてリュークに殺されることや、飛雄馬の左腕の筋は酷使のすえに断裂してしまうことや、ヴァン・ホーエンハイムは人の形をした賢者の石であることや、ウルドは神属と魔属のハーフであることや、十二支の呪いは放っといたってそのうち解けることや、奇天烈大百科は最後、ママに汚い白紙のノートと勘違いされて捨てられることや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、単行本を手放さないようにしてください。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「機巧童子ULTIMO」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「機巧童子ULTIMO」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「機巧童子ULTIMO」の記事を執筆しています。

概要編集

 
12世紀当時のスタン・リー(ダンスタン)

本作はスパイダーマンX-メンの開発者として有名な科学者スタン・リーが12世紀から21世紀にかけて行なった900年もかけた多大な実験の内容とその結果を纏めた研究レポート、及び後にその研究背景を元に書かれた自伝小説である。その実験内容はエログロくもあり多くのファンを驚かせた。R-18指定。

あらすじ編集

12世紀のJAPAN、幼い少年の体に偏愛のある一人のお爺さんがいた。ダンスタンの偽名を使いJAPANに潜伏していた理由は、機巧童子と呼ばれる、魂を宿した2体の肉便器人形を完成させるためであった。この人形達は究極を体現しており、戦わせたてどちらが勝つか見届けたいという、キリスト教色丸出しの願いを叶えるために奔走する。

時は移り現代へ・・

機巧童子は世界に複数遍在しており、その強大な力ゆえに、核に次ぐ新たな兵器として各国の軍事均衡を安定させていた。だがしかし、平和と安寧をもたらす為に機巧童子は作られたわけではなかった。

そこにはあるのは大いなる淫棒・・・いや、陰謀。

次第に燻り始める争いの火種・・・各地の機巧童子は本来の目的のために起動する。人類の魂を全て幼い少年の体へ還元するための千年王国の実現を目指すウルティモ派。バイス率いるロリコン崇拝者で構成された秘密結社「くぎゅ」(ku-gyu)に勢力は二分される。中立者は両陣営から容赦なく粛清されてしまう...

「我欲す。されば与えられん」善となるのはショタか?ロリか?史上最も崇高な性戦「百鬼回向」へ向け物語は怒涛の如く展開する!

漫画版編集

 
原作のウルティモ
 
漫画版ウルティモ

プリンセス☆ハオでお馴染みの武井宏之が27箱300個の蜜柑を食べ始めた頃に、同じショタ趣味が通じ合ってスタン・リーと知り合った。ロリショタの絵柄に定評のある武井はスタン・リーに非常に気に入られ、そのまま淡々と、時にはバキューン!!による交渉も行いながら話は進み、機巧童子ULTIMOの漫画化が決まった。

『ジャンプスクエアセカンド』vol.1にて読切りを掲載、鬼頭刃のネーミングセンスが話題を呼び連載までこじつける。ちなみに武井はこの読みきりで蜜柑を一個食べた。そもそも、単行本第1巻に収録されてないし。そのまま、2009年3月からジャンプスクエアで連載開始。また蜜柑を食べることになるのかは今のところ未定。

ちなみに、実は武井の前に別の漫画家に漫画化の話が来ていたのだが、「あれ?機巧童子の設定どこかで見たことね?」と発言したため検閲により削除となり、武井氏が担当することになった。

原作との違い編集

原作はダンスタンが主人公なのに対し、漫画では大和を主人公として描かれる。しかし、ダンスタンは毎週必ず登場しているため、漫画版でも真の主人公はダンスタンだと暗喩しているようにも取れるような気がしないでもない。

また、一番の違いはウルティモのデザインである。武井氏によって描かれるウルティモはショタ度が大幅にパワーアップしている。ていうか別人。元々ショタ好きな武井信者には大好評だったけど、マッチョ好きな原作信者からは批判の声も多かったり少なかったり。

同作者の作品との関連性編集

手塚治虫ヲタの武井氏だけあって、本作でもスターシステムが使われている。大和はリーゼントでは無いけど木刀の竜だし、機巧童子の手甲はテツグンテだったり、レグラはジゾウくんだったり、東伏見はアンナさんだったり。ちなみに、狭山真琴はシャーマンキング完全版でダム子としてカメオ出演していた。知らない人は完全版を今から集めよう!!

児童ポルノ指定編集

漫画版は過激な描写と過剰なショタ描写によって児童ポルノ指定を受けている。児童ポルノ法が改定されれば、また武井が蜜柑を食べるはめになるのは間違いない。おかしいよね。ただの人形なのに。

登場人物編集

ダンスタン
本編の主人公。全てが謎に包まれたメガネ男子。
HARA-KILLによって自害したと思われていたが、実は時空を乗り越えて生きていた。
その正体はスパイダーマンX-メンを開発したマッドサイエンティストスタン・リー
時空を自在に移動する能力を持ち、あらゆる時代で様々な実験を行なっていた。
機巧童子の開発者であり、未来で大戦争百鬼回向を引き起こすことになる張本人。

人間編集

東 大和 (デューク東
高校生。ウルティモのあまりの可愛さに惹かれて一夜を共にしようとするが失敗。
それにSHITしたジェラスに襲われる。
友人のルネとは前世で関係であった。
19世紀では山賊であり、ダンスタンを襲って奪ったウルティモに検閲により削除
その後、ウルティモを利用して皇居に奇襲をかけるなどやりたい放題。
死後、殺し屋に転生、再び転生を行い今に至る。
漫画版ではほとんど主人公の扱いであり、童子は全員彼に惚れていたり、ハーレム同然のラブコメ主人公である。
小平 ルネ (こひら-)
大和を慕うメガネ男子。こんなに可愛い子が女の子なわけが無い。
ルネの表記はRENEであり、ハーフでないのならとんでもないDQNネームである。
前世では月光の君という名の女装した貴族であり大和とは恋愛関係にあった。
なのに大和は狭山狭山狭山狭山、全くしっとせざるを得ない。
狭山 真琴 (さやま まこと)
大和の本命。
こんなに可愛いけど女の子。何故だ。
松竹梅 (まつ たけ うめ)
大和たちのクラスメート。
気の強い剣道少女、メガネ腐女子、ロリ幼女と3人そろってお得です。
ちなみにロリの梅は隠れ巨乳であった。
K (K・ヨンジュン
悪ぶることに憧れるメガネ男子。31歳無職。
クソヤベェ。
前世はくそやばしでいときもしな骨壷帝(こつつぼのみかど)31歳無職であった
月光の君との愛の行為を山賊大和に邪魔され、最愛の人を奪われて以来、悪に目覚め、今に至る。
そして新世界の神になる。
入間 智光 (究極無所属)
政治家。ウルティモの可愛さに惚れ、ウルティモを一億で買おうとする。
全ての事件をなかったことにする力を持つ。
江古田 (エコ寿司)
近所の寿司屋の店主。
気を失った大和を介抱するが、気が付いた時には大和は全裸の上にカッパ一枚だった。
大和が何をされたのかは検閲により削除
東 伏見 (ひがし ふしみ)
大和の母親だが、前述の通りどう見ても2007年当時のアンナさんです。
ちなみに、アンナさんの武井宏之作品での配役は、仏ゾーンの初代アンナさん→シャーマンキングの二代目アンナさん→重機人間ユンボルのリベッタ姫→東伏見。
小金井 花 (あさくら はな)
近所に住む5歳の幼女
大和おにいちゃんと遊んで欲しくて学校にやってきた。
彼女曰く、パパとママは死んだらしいが実際はヒッピーとなって世界中を旅している
持霊は阿弥陀丸フツノミタマの剣を媒介に使うシャーマンである。

機巧童子編集

ダンスタンによって作られたカラクリ人形。 30世紀の未来からやってきたショタ型ロボット。 究極の萌えキャラを目指して作られた。

ウルティモ
本作のメインヒロイン。ダンスタンによって開発された機巧童子。
究極のヤンデレ
大和を殿と慕い、大和のためならどこまでも残酷になる。
ちなみに女の子だと勘違いしてる読者が多いが、童子だけあって男の子である
こんなに可愛いのに女の子なわけが無いじゃないか。
機巧変化 神童(からくりへんげ ゴッド・ウルティモ)
機巧変化 神童(からくりへんげ ゴッド・ウルティモ)
機巧変化 神童(からくりへんげ ゴッド・ウルティモ)
大事なことなので3回言いました。
大和と愛の契りを交わすことで合体した姿である。
2人の愛の力によってチート能力が使えるようになった。
バイス
究極の中二病
究極の顔芸の達人でもある。
ウルティモとはライバルであり、戦うことを宿命付けられている。
理由は大和の貞操を狙っているからである。
ガルビスを原液のまま飲みほしたあげく
働いたら負け」を信念にあげる。
さらには究極の無能というNEET顔負けの、まさに究極の悪である。
必殺技は鬼頭刃

六波羅蜜編集

ウルティモの眷属。全部で6体いる。

レグラ
生真面目学級委員長系童子。
戒律に厳しく、皆で取り決めたルールをきちんと守れないウルティモに厳しく叱る事もある。
童子だけでなく、人間にも対しても厳しく、特に大和が気にかかっている。
「もう!大和君がしっかりしてくれないと委員長の僕が困るんだからねっ!」
パルドネ
クーデレ童子。
いつも冷静だが、大和が少し気になっているようだ。
好物はにんにく
ゴーグ
ガチムチの兄貴な童子。
その逞しい二の腕で大和を抱こうとする。
「恥ずかしがるなよ・・・男同士じゃないか」
スロウ
黒髪長髪の凛々しい青少年童子。
大和を惑わそうとする。
セルヴィス
布施の童子なので、財源に余裕のあるお金持ちのお嬢様。つーかお坊ちゃま。
大和に色々貢ごうとする。
そして最終回ではどこぞのマリアよろしくホンモノのおにゃのこになった。
ソピア
勉強のできる先生系童子。
大和に勉強を教えてあげる。あっちの行為も教えてあげる。

七つの大罪編集

バイスの眷属。全部で7体いる。 六波羅蜜と比べて1体多いのは、多分それが悪だから。

ジェラス
SHIT深いツンデレ童子。
大和に惚れていて、ウルティモを襲いかけた大和にSHITして大和を殺しかけた。
だが、ウルティモによって返り討ちにあってしまった。
その後、同じく大和を狙ってる仲間としてルネと共謀。嫉妬コンビ誕生の幕開けであった。
エデレ
食いしん坊ぽっちゃり系童子。
大和を食べようとしている。性的な意味で
レイジ
足の速い体育会系系童子。
陸上部所属ですぐ怒っちゃうツンデレ。
デジル
とってもフェロモンむんむんのHでアーン♥♥な童子。
もちろん男の子
そのフェロモンで大和を誘惑する。
パレス
怠惰な童子。すなわちマイペースでのんびりさんな男の子。
デザイン的になんか一人だけ浮いてる可哀想な子。
アバロ
なんかいっぱいいる。双子萌えの延長かと思われ。
オルグレオ
悪側のガチムチおっさん童子。
とっても欲ばりさんな男の子。

その他編集

ミリュー
チュー用の童子。
誰にでもチューするキス魔で大和のファーストキスを奪った。
普段はダンスタンとちゅっちゅしている。

用語編集

機巧童子(カラクリショタ)
ダンスタンが開発した意思を持つ人形。
殿(との)
機巧童子と契りをするための人間。
契りを交わし、愛を深めることで機巧童子はどんどんエロ可愛くなる。
霊(たま)
機巧童子の発動機関で股間部位に2つ位置する
「能」力(のうりょく)
機巧童子に備わっている変形機能。契りを交わせば交わすほどエロイ機能にバージョンアップ。
例としてバイスは鬼頭刃の名を持つ技を発動させたり、無意味に巨根化したりする。
機巧紋(からくりもん)
刺青。5歳の花がこれしたら流石にPTAとかから苦情が来ると思う。

関連項目編集


  機巧童子ULTIMO は、漫画関連の書きかけ項目です 」
「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、機巧童子ULTIMO加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)