メインメニューを開く

Uncyclopedia β

丸善京都店爆破事件

丸善京都店爆破事件(まるぜんきょうとてんばくはじけん)とは、大正14年(1925年)に京都府で起きた店舗の爆破事件である。現代に残る資料が非常に少なく、また、普通では起こりえないような奇怪な現象が多々起きていたと言われ、日本近代史に残る最大級のミステリーの一つとされている。

以下は、現代に残るほぼ唯一と言っていい資料である犯人の手記からの情報となる。

目次

犯人の人物像編集

肺病(=結核)を患った当時20代の青年である。今でこそ結核は治療可能な病気であるが、当時は効果的な治療法はなく、死に至る病であった。また、定職や住居を持たず、友人の住まいを転々として生活するという、非常に退廃的な生活を送っていたと手記には記されている。借金や神経衰弱もあり、精神的に不安定だったようである。

事件のあらまし編集

今となっては、事件発生の正確な日時はわからない。手記の中に「マント」という単語が出てくるところをみるとのことだったのであろう。手記は犯人が爆弾を入手するところから始まっている。入手先は寺町通だという。何気ない商店に偽装していたようである。また、その爆弾はレモンイエローの紡錘形で、手のひらにすっぽり収まるサイズ、つまり、レモンにそっくりだったとも記されている。

その後犯人は爆弾をこれ見よがしにもてあそびながら丸善京都店に侵入した。(2005年度中に閉店し、この店舗は現存しない。閉店が決まったときには犯人を英雄視する人々が爆弾に見立ててレモンを店内に置き去りにしていったという。)ここからは手記には犯人の奇行とも取れる行動が記されている。棚から画集を引き出しては積み上げ、その積み上げたものを崩し、また積み上げということをくり返し、満足行く形を作り上げてからその上に爆弾を置いたのだ。

そして、手記はここで終わっている。犯人はまんまと店から逃走、その直後に丸善京都店は爆発し、粉々に吹き飛んだのだという。

事件の謎編集

丸善の建物が粉々になるほどの大爆発であるにもかかわらず、目撃者、犠牲者などがほとんどいない。また、瓦礫がその日のうちに撤去され、数日後には丸善の営業も再開しているとされるなど、不可解な点が非常に多い。また、レモンと同じ程度の大きさで建物を粉々に吹き飛ばすほどの威力を持った爆薬の存在という謎もある。

奇妙なことに、これだけの大きな事件にもかかわらずちゃんとした捜査が行われたという記録すらも残っていない。ここから、何らかの超自然的な力が働いた、国家が関与しているなどと言った陰謀論が語られることもあり、今なお好事家の間では話題の絶えない事件となっている。

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「檸檬 (小説)」の項目を執筆しています。

関連項目編集

  この項目「檸檬 (小説)」には、執筆者が大真面目に書いた可能性もありますが、今はまだ周知の事実しかありません。嘘を追加するか、ウィキペディアに転載して下さるボランティアを求めています。 (Portal:スタブ)