メインメニューを開く

Uncyclopedia β

欧州懐疑主義

EUが国境を撤廃したので国民国家は溶解し、欧州経済は崩壊しますた。

欧州

オワタ

(≧0≦)

非欧州人「アホや」

解説編集

欧州懐疑主義(おうしゅうかいぎしゅぎ)とは、EU国際社会の祝福を受けながら進める欧州統合に対して疑念を抱き、悲観する運動である。主な懐疑要素に挙げられるのは、欧州統合による中産階級の消滅と経済格差の拡大、移民流入による犯罪増加、移民進出による白人の失業、白人西洋文化の崩壊、欧州イスラム化の脅威だ。

この現象について、マスコミ頭の固い百科事典はあれこれと難しい言葉を用いて解説を繰り広げている。しかし、上の嘆きは百万の小難しい背景論文よりも欧州懐疑主義の本質に迫っている。その通り、欧州懐疑主義とは欧州人の情緒に訴える思想であり、非欧州人への論理的説明など二の次でいいのだ。

嘆きを聞いて親近感を覚える外国人がどれだけいるかは分からない。ただ、オワタ発祥の地に住む者なら、この嘆きを誰よりも深く理解できるはずだ。決して、懐疑主義の論理に[要出典]などと突っ込んではならない。それは何かと絶望し、プロ市民糾弾に明け暮れる先生に酔いしれたオワタの民なら誰でもお察しできることだろう。


関連項目編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「欧州懐疑主義」の項目を執筆しています。


  まだ文が少ないじゃないですか!消されたらどーする!
絶望した!加筆してくれない人たちに絶望した!! (Portal:スタブ)