メインメニューを開く

Uncyclopedia β

満漢全席

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「満漢全席」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「満漢全席」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「満漢全席」の記事を執筆しています。

満漢全席(まんかんぜんせき)とは、見栄張りや大人げない言動を戒める故事成語の一つである。

目次

概要編集

満漢全席の元になった故事は、中国清朝の乾隆帝の時代に起きたとされている。当時の中国[1]は世界の最先端を行く文化国家であり、また経済力でも世界最大を誇り各地の人々は平和で豊かな生活を送っていた。そんな中で各地の官吏や豪族は、自分の土地が如何に豊かかを競うため折に触れては宴席を開き、美酒美肴を自慢しあうようになっていく。

そうなるとやることはどんどんエスカレートするのが世の常、宴席の規模も酒肴の質も天井知らずで上がっていき、段々と財政の負担となり始めた。だがしかし、一回張った見栄はなかなか捨てられないのも世の常。自慢話の為だけに希少な食材を惜し気もなく使うのは無駄だ、と思いながらも誰も止めようとしなかったのである。

そしてそれらが一定の段階を超えれば、無駄に見栄を張ったせいで/それを暴いてやろうとしたせいで酷い目に合うのも世の常。そんな悲哀から生まれた「見栄張りの滑稽さ」を嘲笑する四字熟語が「満漢全席」である。

故事編集

ある時漢族の出である若い役人が、「我が領地は何処よりも肥沃であり、漢族伝来の全ての料理を一度に作ることが出来る」と吹聴している領主の話を耳にした。言うまでもなく数千年の歴史[2]に刻まれた全てを、一度に作ることが出来る筈がない。若い役人はからかうつもりで「そんな途方もない事が出来るなら、是非とも帝にその料理を献上しましょう」と持ちかけたのだが、その領主も見栄を捨てたくないからと「いきなり帝へ献上するのは恐れ多い。貴方が一度試してみてくれないか」と膨大な量のメニュー表を持ってきたのである。

見れば見るほど食いきれるような量ではないが、だからと言ってここで引けば笑い者になる。自分も退路を失った若い役人は、覚悟を決めて卓に付いたが、領主も領主で顔をひきつらせた。あの量を見れば怖じ気付くだろう、と思ったのに。希少な食材を大量に使うこんな料理を大量に作らせれば、自分の身代が傾いて余りある。しかしもう逃げ場は無い。もてなす側ももてなされる側も望まない、不毛な高級宴席が幕を開けたのである。

若い役人は血を吐くような思いで猛然と料理を喰らい続け、領主は何百人もの料理人に檄を飛ばして凄まじい勢いで名品珍味を作らせ続け、その殺伐とした宴は終わるまでに一週間を要したとされる。そして若い役人は過食により身体を壊して数ヶ月後に没し、領主も財産の大半を失い凋落を余儀なくされたという。後の人々はこの不毛な見栄張りの結果引き起こされた馬鹿げた結果を、大量の料理が並んだ酒席から「満漢全席」と名付け嘲笑と共に語り継いだ。

脚注編集

  1. ^ 現在の中国との繋がりは国土の場所以外にないが、便宜上同じ国として扱う。
  2. ^ これは「白髪三千丈」「幸福億万年」などと同じく当時の美辞麗句から来た数字で、実際にそこまでの歴史はない。

関連項目編集


  この満漢全席は、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)


この項目「満漢全席」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。