メインメニューを開く

Uncyclopedia β

熟成肉

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「熟成肉」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

熟成肉(じゅくせいにく)とは、長期保存を経て熟成されたを指す比較的新しい分類である。

目次

概要編集

現代日本では一般的に鮮度の高いもの厳密な環境下で管理したものが好まれる傾向にあるが、明治以前には常温で時間を経て食感や味を変化させたものが尊ばれていた[要出典]。これは商店の流通速度や保存技術の都合もあったもので、敢えてそういったものに挑むことを『粋』としていた謂わば美学によるものであった。

時代が下るとが手軽に手に入るようになり、肉の熟成というものは半ば忘れ去られてしまった。が、1980年代のバブル狂乱時代になると「金はある、世間と違う事がしたい」という新しい美学が現れるようになり、そこでまた「敢えて」大昔の概念である肉の熟成が再度クローズアップされることになったのである[要出典]。その後バブル崩壊からの経済不況を経て、相場が不安定な若い肉より価格が安定しやすい熟成肉の人気が高まっていくこととなった。

特徴編集

熟成肉の特徴としては、まずその柔らかさがある。俗に「新鉢」と呼ばれる新しい肉はナイフを埋めるのに難儀するような歯応えだったりするが、熟成肉の場合はスッと軽く入っていく場合が殆どである。

外見は赤黒く変色し、薄く蜘蛛の巣のように成分が染み出した状態が最高とされる。この状態ではやや乾いて見えるが中は汁気が蓄えられており、風味豊かとなっている。

問題点編集

熟成させる間の環境次第では、熟成ではなく腐敗してしまうケースもあり得る。しかしその場合でも外見的な差異に乏しく、トリミングして食べてみた所で腐敗している事に気づく場合もあり重大な健康被害に繋がりかねない。また「熟成肉は生食出来る」という誤った情報が広く流布されているが、これも重大被害をもたらす可能性がある。

関連項目編集

  この熟成肉は、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)