「バットマン」の版間の差分

338 バイト追加 、 2012年9月11日 (火) 21:44
ノーラン版にこぼれ話追加
(ノーラン版にこぼれ話追加)
;「ダークナイト・ライジング」
:シリーズ最終作。前作でジョーカーを演じたヒース・レジャーが急逝し、ストーリー上ではトゥーフェイスが死亡したので、今回の主役は『Mr.フリーズの逆襲』で雑魚扱いだったベインが抜擢された。
:余談だが、ある映画館でこの映画が上映されていた時、ジョーカーのコスプレをした人が銃を乱射し観客を射殺した。
 
== アニメ ==
:当時のカートゥーンのお約束を強襲しており、列車が乗っ取られたり、謎の発明や意味不明の表現が満載である。
:加えて吹き替え版では、上記の芸能人らによるアドリブ満載の吹き替えもあって、ビーストウォーズリターンズ以上の破滅的な吹き替えとなっている。
:バットマンより老けた声をしたロビンがレギュラーを務めたりジョーカーの一人称が”ワシ”だったりいう、ある意味貴重な作品である。
 
;「バットマン・アニメイテッド」
;「バットマン・サブゼロ」
:映画版第2弾だが、前作がコケたので長編OVAとしてリリースされた作品。
:アニメイテッドにてMrMr.フリーズと戦うエピソードがエミー賞(TVTV界のアカデミー賞)を受賞したため、それに便乗して製作した映画だが、特にこれと言ったストーリーを考えていなかったため、フリーズの犯罪とそれに立ち向かうバットマンが描かれる程度のクソ映画となった。
 
;「バットマン:ザ・フューチャー」
:ちなみに、日本版予告編ではバットマンが仲間のヒーローのリストを見て「(今夜の相手に)誰を選ぶか…迷う♡!!!」と言う場面がある。
 
;「バットマン: アンダー・ザ・レッドフード」
:宿敵の一人、レッドフードとの対決とホモエロ・ラブストーリーをシリアスに描いたOVA(日本未発売)。
:悪役レッドフードとのあっち系なやり取りや、ジョーカーのロビン対しての強烈なSMプレイを描いたり、行方不明のロビンの行方を探るためにバットマンがジョーカー縛りあげたり、バットマンの相棒としてマッチョなイケメン、ナイトウィングが登場するなど、盛りだくさんな内容である。
:二種類の吹き替え版があり、片方は比較的まじめな吹き替え。もう一つはビーストウォーズもびっくりのアドリブ全開で、作品を盛り上げると同時に殺していた。
;ゴッサム・シティ・エンジェル
:いわゆる[[スピンオフ]]。バットマンの出番は少なく、バットガールらヒロインの出番が多い
 
== ストーリー ==
匿名利用者