メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

零点

2,315 バイト追加, 2013年6月23日 (日) 09:49
編集の要約なし
{{NRV|[[利用者:でみ庵|でみ庵]] ([[利用者・トーク:でみ庵|会話]]) 2013年6月20日 (木) 21:12 (JST)|fix=何が面白いのか伝わりません。[[馬鹿にならずにバカバカしくやる方法]]や[[Uncyclopedia:編集の心得|編集の心得]]を読み、さらに[[Help:編集の仕方]]を見ながら体裁も整えて、期限内に面白おかしく改善してください。}}
零点
'''零点'''とは、[[テスト]]で簡単に取れそうなのに、なかなか取ることのできない点数である。
 
==概要==
零点は、ある意味最も完全な点数である。[[十進法]]で「0」であるのはもちろん、[[二進法]]でも「0」であり、[[十六進法]]でも「0」であり、[[65536進法]]でも「0」である。この「0」の美しさにひかれた[[変人|一部の人々]]は、自ら進んで零点を取るようになった。一時期、[[エクストリームスポーツ]]化も検討されたが、[[PTA|頭の固い団体]]の反対により、見送られた。
 
なお、この点数を取れば、[[自宅警備員|ある職業]]の採用試験の一部の科目が免除されることもある。
 
==取る方法==
零点を取る方法は主に以下のものがある。
;白紙で提出する
:この方法が最もよく用いられる。[[名前]]を書くだけでよく、お手軽である。なんなら書かなくてもよい。
:また、[[教師]]も採点が楽である。
:しかし、[[小学校]]などでは、名前を書くだけで点をもらってしまうこともあるので、注意が必要である。
;全ての欄を珍解答で埋める
:これは時々用いられる中級レベルの方法である。
:[[ユーモア]]をある程度理解できていなければならず、[[ウィキペディアン|頭の固い人]]には難しい方法である。
:この方法の利点としては、話の[[ネタ]]にすることができるという点が挙げられる。
:少なくとも、周囲に「面白い奴だ」ぐらいには思ってもらえるであろう。
:ただし、[[ユーモア]]を理解する先生から点をもらってしまうこともある(それはそれでネタになるのだが)。
;本気でテストにいどみ、零点を取る。
:これはよほどの上級者でなければできない方法である。[[のび太|あの小学生]]がこの域に達しているとして有名である。
:一点も点を取ってはならず、つまり、選択式の問題も一つもあっていてはならない。
:ただ、本気を出しているかどうかは、[[大相撲]]の[[八百長]]を見抜くよりも、うんと難しい。
 
==関係者の証言(抜粋)==
零点(れいてん、ぜろてん、zero)とは、ある関数fによって、0に移される点、すなわちf(z) = 0を満たすzのこと。複素解析や代数幾何学などにおいて、方程式の解や根と呼ばれるものを幾何学的に取り扱う際に、しばしばこの表現が用いられる。
g(z)をテーラー展開してやることにより、解析関数の零点は孤立点となることがわかる。また、このときf(z)とg(z)は点z = aにおいてk位の接触を持つという。
さらにいわゆるバカがとらなくてはいけない点数の代表である。==関連項目==*[[0]]*[[テスト]] {{スタブ}} {{DEFAULTSORT:れいてん}}
5,828
回編集