メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

零点

1,630 バイト除去, 2013年7月1日 (月) 15:40
-NRV、+ウィキペディアほか 「関係者の証言」はウィキペディア丸写しだったので削除(ホントは最初に即時削除すべきだったんだな・・・)
{{NRV|[[利用者:でみ庵|でみ庵]] ([[利用者・トーク:でみ庵|会話]]) 2013年6月20日 (木) 21:12 (JST)|fix=何が面白いのか伝わりません。[[馬鹿にならずにバカバカしくやる方法]]や[[Uncyclopedia:編集の心得|編集の心得]]を読み、さらに[[Help:編集の仕方]]を見ながら体裁も整えて、期限内に面白おかしく改善してください。}}
 
'''零点'''とは、[[テスト]]で簡単に取れそうなのに、なかなか取ることのできない点数である。
零点を取る方法は主に以下のものがある。
;白紙で提出する
:この方法が最もよく用いられる。[[名前]]を書くだけでよく、お手軽である。なんなら書かなくてもよい。を書くだけでよく、お手軽である。なんなら名前も書かなくてもよい。
:また、[[教師]]も採点が楽である。
:しかし、[[小学校]]などでは、名前を書くだけで点をもらってしまうこともあるので、注意が必要である。
上記以外にもさまざまな理由がありその結果零点は取りにくくなっているとされている。だが、それでも採ったものは勇者とたたえられ待つ代まで語り継がれることになる。
 
==関係者の証言(抜粋)==
零点(れいてん、ぜろてん、zero)とは、ある関数fによって、0に移される点、すなわちf(z) = 0を満たすzのこと。複素解析や代数幾何学などにおいて、方程式の解や根と呼ばれるものを幾何学的に取り扱う際に、しばしばこの表現が用いられる。
 
ゼータ関数の零点の分布は数論的にも重要な意味を持つ。
 
関数f(z)の零点全体のなす集合\{z|f(z) = 0 \}のことを零点集合と呼ぶことがある。2つ以上の関数が零点を共有するとき、その零点を共通零点とよぶ。多変数多項式系の共通零点集合はザリスキー位相などの位相構造を入れて代数多様体となる。
 
解析関数f(z)が
f(z) = (z-a)^k g(z)
(ただし、kは正の整数で、g(z)はz = aにおいて正則)と表せるとき、z = aは関数fのk位の零点であるといい、kを零点z = aにおける重複度 (multiplicity) または位数 (order) と呼ぶ。
 
g(z)をテーラー展開してやることにより、解析関数の零点は孤立点となることがわかる。また、このときf(z)とg(z)は点z = aにおいてk位の接触を持つという。
==関連項目==
{{ウィキペディア}}
*[[0]]
*[[テスト]]
14,445
回編集