メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

長野県神城断層地震

160 バイト追加, 2014年11月27日 (木) 01:59
じぇに
しかし、栄村の復旧、復興と神城断層地震で被災した自治体のそれとでは、実は大きな違いがある。というのも、栄村の復旧が被災から3ヵ月後、長野県による災害基金を取り崩してようやく始まったのとは違い、神城断層地震については、2014年にすでに長野県で大きな災害が頻発しているため、元から長野県の災害に関する予算は、足りないかほとんど無い、0という話ではないのだけれども、このまま即座に震度6弱とかいう話に対応するには無理という状況である。実際、[[木曽町]]を襲った[[土石流]]や[[御嶽山]]の噴火などにかかった経費が重く長野県の財政にのしかかっており、このまま被災地の農地や観光地などの被害の実情も把握できないまま冬を迎えることで、より多くの用意すべき金、タカ、銭っこが必要となる状況にある。
まぁ、そのため、いかにして'''じぇに'''を素早く、緊急に被災地にばらまけるかが選挙の争点になるというのは本当に幸運であるのだけれど、こればかりは、これから先、現地の被害額を算定して長野県選出の議員および長野県知事が国に対して働きかけるまで、どれぐらいスピーディーに動けるか、という話になる。そのため、もっとも重要となる、被災者の住宅問題については、降雪までに間に合わない可能性もある。そのため、クソむかっ腹立つマスメディアと、アホのウィキペディアの風評の影響が神城断層地震が[[激甚災害]]に指定される=復興住宅の予算を確保という話につながるため、なんとしてでも忘れさせてはいけない。に指定される=復興住宅の予算を確保という話に悪影響を与えることが懸念されるため、なんとしてでも忘れさせてはいけない。
=== 義捐金 ===
何が悲しいって、11月26日現在、Googleの検索の際に長野県神城断層地震の予測検索に「なお、マスメディアがいかにこの震災を忘却させるよう動いているかの指針の1つとして、11月26日現在、Googleの検索の際に長野県神城断層地震の予測検索に「'''義捐金'''」という言葉が出てこない。マスコミもまったく報道しない。[[ドラえもん]]も動きゃしない。本当に、今回の被災地をも動きゃしないという話が挙げられる。本当に、今回の被災地を'''忘れられた被災地'''へとする影の努力が目に見えて悲しくなる嫌になる。
もちろん、震度6弱という規模のわりにライフラインへのダメージが少なく人的被害についても発生直後のスピーディーな対応のおかげで最小限に押し留められたほか、全半壊した住宅も各自治体に分散しているという状況では、義捐金という話が出てこなくても仕方ないのだけれど、'''どう考えても仕方がなくない'''。人として。そのため、以下に今回の地震でもっとも被害の大きかった白馬村のホームページある義捐金受付のページへのリンクを整備する。
10,710
回編集