メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

長野県神城断層地震

24 バイト追加, 2014年11月27日 (木) 02:28
解散総選挙
== 解散総選挙 ==
2014年11月21日。まさに、神城地震の前日、[[安倍晋三]]首相が[[消費税]]の10%増税を延期することの意義を国民に問うため衆議院を解散、日本全国及び長野県北部の自治体においても一斉に選挙へと移行した直後に、今回の震災である。そのため、楽しいぐらい、笑えるぐらいに報道が地震を忘れさせようと動く光景が間近で見えるのことになる。けれども、残念なことに、誰もが、東日本大震災における増税を延期することの意義を国民に問うため衆議院を解散、日本全国及び長野県北部の自治体においても一斉に選挙へと移行した直後に、今回の震災である。そのため、楽しいぐらい、笑えるぐらいに報道が地震を忘れさせようと動く光景が間近で見えることになる。けれども、残念なことに、誰もが、東日本大震災における[[民主党]]の光景を思い出す。再確認する。
そして、震度6の地震という突発的な事象に対する安倍内閣の動きもまた迅速で、地震発生直後に官邸に対策本部を設けると同時に、長野県庁とも連携しながら情報を収集、24日には'''現地の状況を見てから'''安倍首相自ら被災地に訪れるなど、どう見ても、選挙対策ですねそうですね、でも大変によく覚えているどこぞの政党よりはマシですね、という話が被災地にやってくる。
もっとも、こういった動きをまったく報道しないメディアがいるんだなあ、それもたくさんいるんだなあ、これが。
ちなみに、安倍総理については過去に[[中越沖地震]]の際に発生直後に被災地に飛んだ結果、復旧作業の遅れにつながり、そのまま支持率の低下につながったという過去の傷があり、そのため、場合によっては[[菅直人]]元総理大臣による[[福島第一原発事故]]のアホすぎるキチガイすぎる現地訪問の二の舞という可能性もあったのだけれど、幸いなことに白馬村を中心とした被災地のライフラインや情報網、さらには自治体と被災者との連携も密であったことから、のアホすぎるキチガイすぎる現地訪問の二の舞という可能性もあったのだけれど、幸いなことに白馬村を中心とした被災地のライフラインや情報網のダメージは少なく、さらには自治体と被災者との連携も密であったことから、'''首相の訪問が被災地の復旧の邪魔にならない'''と判断され、とにもかくにもたとえ政争の道具、選挙のためといわれようとも、今後の復旧、復興の第一歩と言える首相の現地訪問が成し遂げられる。
なお、栄村にやってきた総理大臣はいない。いるわきゃない。むしろ、[[仙谷由人]]のドアホがやってきてひなびた温泉を用意させた上でドンちゃん騒ぎして帰ったことが、なぜだか、こういうときに'''素晴らしい比較対象'''になるだけで。'''なぜだか'''。
10,710
回編集