メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

長野県神城断層地震

1,077 バイト追加, 2014年12月3日 (水) 01:30
被害
== 被害 ==
神城断層地震の人的被害。それは、負傷者37人、死者0、建物の被害が全壊31棟、半壊57棟といった数字的な被害以上に、神城断層地震の人的被害。それは、12月1日の時点で負傷者46人、死者0、建物の被害が全壊36棟、半壊66棟、一部損壊1000棟といった数字的な被害以上に、
地震発生後、'''人々が一週間たたずに地震の被害を忘れ始める'''という悲劇が存在する。
まったくもって、[[栄村]]と同じルートをたどっている気がしてならない。無論、ニュースではしっかりと取り上げられ、今後の余震に関する注意喚起や、被災者に対する支援の申し込みも多数存在するのだけれど、いかんせん、アホのマスメディアが地震発生直後ですらドラマやバラエティを休止せずに、特別番組にも移行せずにそのまま最後まで放送。気が狂ってるとしか思えないのだけれど、東北の地震移行、常時狂いっぱなしであるため、諦めるほかない。そのため、翌日からの報道についても、いつものお涙頂戴視聴率頂戴の見慣れた光景に終始。もちろん、悪くはないのだけれど、どんだけ視聴者が東北地方で見た光景かについては、まったく考慮していないことも確かである。と同じルートをたどっている気がしてならない。無論、それなりにニュースで取り上げられ、今後の余震に関する注意喚起や、被災者に対する支援の申し込みも多数存在するのだけれど、いかんせん、アホのマスメディアでは地震発生直後ですらドラマやバラエティを休止せずに、特別番組にも移行せずにそのまま最後まで放送。気が狂ってるとしか思えないのだけれど、東北の地震以降、常時狂いっぱなしであるため、諦めるほかない。そのため、翌日からの報道についても、いつものお涙頂戴視聴率頂戴の見慣れた光景に終始。もちろん、悪くはないのだけれど、どんだけ視聴者が東北地方で見た光景かについては、まったく考慮していないことも確かである。
そのため、被災直後は[[NHK]]ばかり延々と被災地の情報を流し続けて、民放が軽い扱いのまま。翌朝になっても、幸いなことに人的被害についてはさほど大きくなかった幸運に反比例する形で、報道が一気に縮小し始める。その結果、震度6の地震が起こったにも関わらず、報道特別番組なんてものが放送されないという、ある意味、報道の危機が訪れることとなる。そもそも、NHKのばかり延々と被災地の情報を流し続けて、民放では軽い扱いのまま。翌朝になっても、幸いなことに人的被害についてはさほど大きくなかった幸運に反比例する形で、報道が一気に縮小し始める。その結果、震度6の地震が起こったにも関わらず、報道特別番組なんてものが放送されないという、ある意味、報道の危機が訪れることとなる。そもそも、NHKの[[クローズアップ現代]]ですら地震発生から1週間たっても取り上げないという時点で、大変にろくでもない。そもそも、継続的な報道や現地の情報発信を行わないと、どこぞの栄村のように、ですら地震発生から1週間たっても10日たっても取り上げないという時点で、大変にろくでもない。そもそも、継続的な報道や現地の情報発信を行わないと、どこぞの栄村のように、'''地震はあったけど情報が聞こえてこないから安心'''、とかいう大変に間違ったイメージがぶちまけられることになるため、とにもかくにも継続的な情報発信が大切になるのだけれども、困ったことに、地震の被害を伝える倒れた家の解体の後、どういった報道をすればいいか分かるメディアが少ない。いや、やらなければいけない話はたくさんあるのだけれど、忘れてはいけない話ばかりなのだけれど、確実に視聴率には結びつかない。、とかいう大変に間違ったイメージがぶちまけられることになるため、とにもかくにも継続的な情報発信が大切になるのだけれども、困ったことに、地震の被害を伝える倒れた家の解体の後、どういった報道をすればいいか分かるメディアが少ない。いや、やらなければいけない報道、忘れさせてはいけない被害はたくさんあるのだけれど、確実に視聴率には結びつかない。
その上で、NHKはいつまでもどこぞのバカペディアと同じく「長野県北部地震」もしくは「長野県北部の地震」を連呼。
そもそも、震度6を越えるような地震の場合、どこぞの栄村や中越地方のように、一度雪が降ってそれが溶けないと土中の亀裂による被害が分からないため、どうしても全容が明らかになるには半年以上かかるというのに、地震発生から1週間の段階で、家の解体と家を無くした住民のために緊急的に自治体が各地のホテルや民宿を借り上げて、仮の住居とする対策の後に、何を報道すればいいのか分からなくなる番組が続出。そもそも、震度6を越えるような地震の場合、どこぞの栄村や中越地方のように、一度冬を越して雪が溶けないと土中の亀裂による被害が分からないため、どうしても全容が明らかになるには半年以上かかるというのに、地震発生から1週間の段階で、家の解体と家を無くした住民のために緊急的に自治体が各地のホテルや民宿を借り上げて、仮の住居とする対策の後に、何を報道すればいいのか分からなくなる番組が続出。
'''心の底からバカばかり'''。
 
あわせて、国民の誰しもが知ろうとしない'''農業被害'''については、多くの田んぼが地震の影響で地盤ごと傾いてしまい、水を平にできず、場合によっては稲の作付けが厳しくなるという話が、相当な範囲に広がっている。しかし、いかんせん、地味な話な上、[[測量]]などの面倒な作業が必須であるため、被害の額の算定もすぐには出ない上、あっという間に冬が待っている。そのため、確実に来春になって大騒ぎするのが目に見えているのだけれども、そのために何が出来るかというと、小雪と暖冬を祈るぐらいしかない。
 
しかも、この圧倒的な人手不足の中、'''衆院選挙に自治体の人間が借り出されるという不運'''。で、そういう話を報道しないアホども。ある意味、世の中の縮図である。
=== なお、忘れられるとこうなる ===
ちなみに、忘れ去られるということがいかに危険かというと、2011年の震災の際、栄村は国が定めた「[[東日本大震災]]とそれに伴う地震で被災した自治体地図」から外される、忘れられるというある意味、'''奇跡的なバカ話'''を経験しており、改めて、情報発信がいかに大切であるか、忘れられるということがいかに厳しいかについてを教えてくれる。心から教えてくれる。
あわせて、インターネットやTwitterなどの各種情報媒体についても、おっそろしいレベルで忘却が始まっているため、改めて、ウィキペディアのアホさ加減が身に沁みる。もっとも、どこぞの東北地方のように、地震からの復旧、復興がお涙頂戴の番組制作のネタという話にまでゆがめられるよりは、忘れ去られても、栄村のようにさっさと復旧、復興したほうがいいということも悲しいかな、事実である。けれど、それは十分な予算が確保されてからの話であるため、震災から一週間であわせて、インターネットや[[twitter]]などの各種情報媒体の中でも、神城断層地震はおっそろしいレベルで忘却が始まっているため、改めて、初動を遅らせまくったウィキペディアのアホさ加減が身に沁みる。もっとも、どこぞの東北地方のように、地震からの復旧、復興がお涙頂戴の番組制作のネタという話にまでゆがめられるよりは、忘れ去られても、栄村のようにさっさと復旧、復興したほうがいいということも悲しいかな、事実である。けれど、それは十分な予算が確保されてからの話であるため、震災から一週間で[[yahoo]]のトップページから影も形も消え去るとかいう話が予算獲得のための支障となる可能性もあるため、改めて、報道の継続が望まれる。のトップページから影も形も消え去るとかいう話が、そのまま震災復興のための予算獲得のための支障となる可能性もあるため、改めて、報道の継続が望まれる。
実際、山間地域における地震被害の復旧については、長野県庁も北信地域の土木業者も、県境を越えた新潟県の業者もまた大変に経験を有しているため、予算さえあれば主要幹線道路や各種ライフラインなどは、降雪前にある程度の復旧が見込まれ、場合によっては震災の被害を受けていない長野県北部の観光地、特に[[スキー場]]については各種インフラの復興が間に合えば観光客数の低下を極力抑えられる可能性もある。
10,710
回編集