メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

長野県神城断層地震

1,718 バイト追加, 2014年12月8日 (月) 01:20
栄村
あわせて、[[阿部守一]]長野県知事が栄村の復旧、復興を参考に各自治体に対応するよう指示しており、山間部における復旧、復興についてはすでに道筋が付けられている状況である。問題は、[[冬]]である。[[雪]]である。こればかりは、ひたすらに[[暖冬]]であることを願うしかない。
 
=== 残念 ===
12月6日、長野県北部を強い寒気が襲い、およそ30cmの雪が被災地一面を雪で覆うこととなる。その結果、復旧活動に支障が出ると同時に被災総額の算定が相当に厳しくなってしまう。もっとも、まだ、雪が溶ける可能性が存在しているため、だいたい12月中旬にやってくる根雪をもたらす寒波までに少しでも溶けてくれれば、2015年度の復興がより早くなるため、改めて長野県の職員の皆さんおよび被災地の自治体の職員の皆さんのご尽力を願うとともに、後、半年間どうやって忘れさせないでいられるかが問題となる。
 
なんせ、神城断層地震においてもっとも被災地の状況を事細かに伝えているブログが、[http://sakaemura-net.jugem.jp/ 栄村ネットワーク]という時点で、もんのすごく困る。そらあ、被災地で何が起きているかはテレビや新聞を通して人々に伝えられているものの、これから被災地で何が起こるかを知っている人がいないと、何を伝えていいかわからなくなって当然なわけで。
 
ちなみに、あったり前な話として、降雪の結果、土砂崩れの危険が高まることと、積雪が1m以上になった際の余震によって雪崩の起こる可能性が高まっているという話、後、何よりも風評被害については、死ぬ気で現地の情報を発信しなければいけないのだけれども、こればっかりはどうしようもない。
=== なお ===
[[フラグ]]をたてた気がしなくもないけれど。
 
あと、どう考えてもこの状態のままでやっていくわきゃねえんだけど。
== 関連項目 ==
10,710
回編集