メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

ボストン茶会事件

79 バイト追加, 2016年2月20日 (土) 18:07
編集の要約なし
昔々、あるところに[[イギリス]]という国と[[フランス]]という国があり、この国々は植民地の奪い合いで何年にもわたる戦争を続けていた。イギリスはやっとの思いで植民地を獲得したが、戦争があまりにも長引いたため多額の借金を抱えた。イギリスはこの大きな負担に困ったが、とても良いことを思いついた。そうだ、イギリスには植民地があるではないか。本国が負うにはあまりにも大変な重荷だから、これは植民地に負わせよう。このような結論に至り、イギリスは北米の植民地にいろいろと税金を払わせることにした。しかし、本国での代議士による参政を認められていないのに税を払わなければならなかった植民地は不満を隠せなかった。
やがて[[1773年]]、本国は大量の茶の在庫を植民地で捌くために、植民地での茶の販売を[[イギリス東インド会社]]に独占させるための法律を制定した。しかし、植民地側はこの通りにするとイギリス本国に貿易を独占されながらもその課税を容認することになってしまう。に独占させるための法律を制定した。しかし、もちろん茶の値段には税がかかっている。植民地側はこの法に従えばイギリス本国に貿易を独占されながらもその課税を容認することになってしまう。[[ボストン]]に停泊した貿易船は荷揚げを拒否され退去を要求されたが、本国側も言われた通りに帰るわけにはいかなかった。両者の間には緊迫した空気が流れていた。
== 事件 ==
{{DEFAULTSORT:ほすとんちやかいしけん}}
[[Category:世界史]][[Category:イギリス]][[Category:アメリカ]]
2,121
回編集