メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

ボストン茶会事件

236 バイト追加, 2016年2月21日 (日) 00:21
編集の要約なし
{{ウィキペディア}}
'''ボストン茶会事件'''(ボストンちゃかいじけん)とは、[[1773年]][[12月16日]]に[[植民地]]時代の[[ボストン]]市民が、茶箱342箱分の茶葉とボストン港の海でお茶を淹れるという大技を成し遂げた事件である。で行われた茶会にて、茶箱342箱分の茶葉とボストン港の海でお茶を淹れるという大技が成し遂げられた事件である。[[アメリカ合衆国]]の独立の契機となった事件として知られる。の独立の契機となったことで知られる。
== 背景 ==
== 事件 ==
ボストン市民はこの緊迫した状況で悩みに悩んだ結果、このような結論に至った。両者ともに一旦にらみ合うのはやめて、せっかく大量に茶があるのだから、お茶でも飲んでゆっくり楽しもうではないか、と。このとき、ボストン港に停泊していた東インド会社の貿易船には342箱もの茶箱が積まれていたし、これはみんなでお茶を飲むには十分な量であった。すると次はお茶を淹れるために十分な量の水を調達しなければならないことになるが、これに関しても心配はいらなかった。ボストン港はまさに無尽蔵の海水で満ちていたからである。ボストン市民はこの緊迫した状況で悩みに悩んだ結果、このような結論に至った。両者ともに一旦にらみ合うのはやめて、せっかく大量に茶があるのだから、お茶でも飲んでゆっくり楽しもうではないか、と。このとき、ボストン港に停泊していた東インド会社の貿易船には342箱もの茶箱が積まれていたし、これはみんなでお茶を飲むには十分な量であった。しかし、次はお茶を淹れるために十分な量の水を調達しなければならず、人々はこれに悩んだ。しかしある者が言った。水ならここにたくさんあるではないか、と。ボストン港はまさに無尽蔵の水に満ちた場所だったのである。
さあ、楽しいお茶会を開く準備は万全だ。いざと言わんばかりに本国からの来客をもてなそうとインディアンのコスプレをして出てきた50人ほどの愉快なボストン市民たちは、「'''ボストン港を、ティー・ポットにしてやるぜ!!'''」と大胆な決め台詞を放ちながら、貿易船に積まれていた大量の茶を次々とボストン港の海に投げ入れた。騒ぎを聞いて駆け付けたボストン市民の人々も、東インド会社の人々も、お茶が出来上がるのを待って茶の入った海をじっと眺めていた。そして、あっという間に大量の茶がボストン港のティーポットで出来上がった。人々はこれをティーカップに注ぎ、ここに大規模な楽しいお茶会を開催したのであった。」と大胆な決め台詞を放ちながら、貿易船に積まれていた大量の茶を次々とボストン港の海に投げ入れた。騒ぎを聞いて駆け付けた他の住民も、東インド会社の人々も、お茶が出来上がるのを待って茶の投げ込まれる海をじっと眺めていた。そして342箱分の茶とボストン港の海を余すことなく活用した大量の紅茶が、あっという間にボストン港のティーポットの中で出来上がったのである。人々はその鮮やかな出来栄えに盛大な拍手を送り、出来上がった茶を皆のティーカップに注いだ。そして、ここに大規模な楽しいお茶会を開催したのであった。
しかし、一口飲んでみると人々は戦慄した。出来上がった茶の味があまりにも酷かったのである。冷たい茶の味は異常なまでに塩辛く、茶の風味など微塵も感じることが出来なかった。そして次に人々を襲ったのは、悍ましいほどの渇きであった。くそ、騙された!本国の茶は最悪だ、こんなもので貿易を独占されるのはさすがにたまらん!植民地の人々は憤った。
2,121
回編集