メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

ルー語

4 バイト追加, 2016年4月1日 (金) 00:52
言語について
確率を操る事によって銀河間を行き来する「るー」という種族が主に使う言語である。
るーにはいくつかの発音方法がある。様々な生命体に理解できるように言語が変化していった結果として人間には機械の合成音にしか聞こえない、そもそも周波数域が異なっていて聞き取れない、それ以前に音じゃなくて重力波だったりという非常にグローバルな言語である。るーにはいくつかの発音方法がある。様々な生命体に理解できるように言語が変化していった結果として人間には機械の合成音にしか聞こえない、そもそも周波数域が異なっていて聞き取れない、それ以前に音じゃなくて[[重力波]]だったりという非常にグローバルな言語である。
様々な方法で的確に情報を相手に伝えるために、数億年前は20万程度あった単語数が現在は「る」「るー」「うー」「だ」「だぞ」の五種類となっている。
46,607
回編集