メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

ブラックバス

128 バイト追加, 2016年5月18日 (水) 17:59
+画像
日本進出が本格化するのは戦後に入ってからである。当時日本のバス事業は地域に密着した緻密な路線網が構築されており、また日本独特の[[規制や商慣行|生態系]]など外資が進出するのは難しいと考えられていた。しかし、ブラックバスは[[列島改造論]]などで整備され始めた日本の[[高速道路]]網を駆使し、高頻度運行かつ低い値段設定で長距離バス事業に参入した結果、格安でいつでも乗れる移動手段としてビジネス客を中心にシェアを獲得。今まで高い客単価を狙って高品質なサービスを提供し[[ガラパゴス化]]した長距離バス市場を瞬く間にブラックバスが席巻、既存の日本のバス事業者は淘汰されていった。特にバブル経済崩壊後のデフレに陥った時期には特にシェアを伸ばしていった。日本進出のきっかけになった観光バス事業もガラパゴス化した既存の日本の観光バス事業者も太刀打ちできず撤退が相次ぎ、その間ブラックバスはシェアを広げていった。
[[ファイル:キャッチ&リリス.jpg|thumb|150px|規制強化によりブラックバスの抹殺が求められている]]
ブラックバスは事業拡大のために、はとバスの買収を発表。[[シャープ|外資による日本の有名企業の買収に波紋が広がった。]]
== 社風 ==
[[ファイル:Gairaisyu.jpg|thumb|200px150px|獰猛、貪食な外来種の例の筆頭格にあげられるブラックバス]]
社員一人ひとりが猛烈に働くことで有名で、かつ積極的に[[営業]]を仕掛けてくることから、その獰猛さとどんな環境でも適応できる強さを持つ魚のブラックバスに形容される。そのため、一時期ブラックバスの組織マネジメントは経営者の手本とされてきた。
14,445
回編集