メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

大量絶滅

104 バイト追加, 2016年8月5日 (金) 14:12
編集の要約なし
彼女はまだ若く、{{偽リンク|新陳代謝の豊かな肌|硫酸の海と砂漠の大地}}は小さきもの達の繁殖を防いでいたため、このちょっとした肌荒れが己を延々と悩ます大問題になるとは思っていなかった。しかし更に齢を数え{{偽リンク|アラサー|アラウンド30億歳}}に近づくと、彼女の肌の防衛機構も徐々に弱まっていく。はじめ現れたのは、[[シアノバクテリア|緑色の小さなシミ]]であった。最初はほんの些細なシミでしかなかったそれを気にせずに放っておいたのが間違いであり、気付いた時には肌のかなりの面を覆うほどに拡大していた[[シアノバクテリア|緑色のシミ]]に、彼女は慌てふためき、いよいよ本格的なスキンケアを行う必要に迫られたのであった。
[[image:ハイパーハリケーンSnowball.jpggif|thumb|280px240px|left|[[全球凍結|表皮ホワイトパック表皮全体ホワイトパック]]終了後、肌を擦って綺麗にする彼女。良かれと思って行ったこの行動は、しかし[[シアノバクテリア|緑のシミ]]の再発を早めるだけであった。を行う彼女。]]
=== [[スノーボールアース]] ===
初めて[[シアノバクテリア|緑のシミ]]が大繁殖をする前まで、彼女の肌周りは{{偽リンク|赤くしっとりとした艶やかな雰囲気|メタンと二酸化炭素の大気}}に包まれていたのに、段々とその艶やかな雰囲気は薄くなり、どことなく[[酸素|ガサガサとしたそれ]]へと変わりつつあった。
しかし、何度も繰り返すにつれ、[[氷河期|ホワイトパック]]を終えてから[[シアノバクテリア|緑のシミ]]が再発するまでの時間は目に見えて短くなっており、彼女も段々と焦り始めていた。
[[image:ハイパーハリケーン.jpg|thumb|280px|[[全球凍結|表皮ホワイトパック]]終了後、肌を擦って綺麗にする彼女。良かれと思って行ったこの行動は、しかし[[シアノバクテリア|緑のシミ]]の再発を早めるだけであった。]]
=== [[エディアカラ生物群]] ===
そして悪夢が現実のものとなったのは、彼女が{{偽リンク|アラフォー|アラウンド40億歳}}を過ぎる頃であった。
8,909
回編集