メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

ボブ・ディラン

1,412 バイト追加, 2016年10月13日 (木) 22:06
編集の要約なし
{| cellspacing="2" cellpadding="3" style="width:100%;border:solid #999 1px;background:#F8F8F8;margin:0.3em auto;clear:both"|style="text-align:center"|[[Image:International000.gif|center]]|style="text-align:left"|<div style="font-size:20px;">'''この記事は他言語から翻訳されました。'''</div>この記事はまともな[[日本語]]になってないところがいっぱいあるので、たぶんとってもクレイジーですが気にしないでください。<br/>どうかこの記事をできれば放置、見なかったことにしてくださいお願いします。<div style="font-size:80%;">*そもそもボブ・ディランの詩を翻訳するとこうなります。正確な訳文など[[誰も気にしない|気にせず]]に、日本語流に書き直すよりも間違ってるほうがあってます。*ある程度、まともな記事にしたかったらこのテンプレを剥がすより先に、この記事のルーツはもとから気が狂ってるとしかいいようがない人間の記事であることを思い出してください。*世の中には間違っている文章よりもさらに上を行く文章にノーベル文学賞が与えられることがあります。</div>|}{{IncludeonlyCat|cat=翻訳が不十分な記事|sort={{{翻訳済1|}}}}}<noinclude>
'''ボブ・ディラン'''は、その間に彼が多産な量の歌を引き起こした[[1962年]]-[[1966年]]の間に、広範囲に及んだ名声と人気を楽しんだ非常に有力な歌手/作詩家である。これらの歌は、尊重されたアメリカのフィルムの簡単な音楽的なパロディから、率直で、暴動引き起こしている抗議歌に及んでいた。彼は、[[1965年]]の「ローリング・ストーンのような」から彼のほとんどの成功を得た。それは、難局に落ちた若い女性の苦い批判にかかっていた。ディランは、また、彼のユニークな歌っているスタイルのために知られている。それは、ロックの世界でそれを作るために、中間のきちんとしている美しい声が必要であることの会議を分類した。しかし、彼の最も大きい成果は、[[ビートルズ]]を、それらの創造的な目覚め及びその後の年の革新的を結果として生じる、古典的なロック音楽、[[マリファナ]]に導入する時に、いつも彼の役割であった。
[[Category:ミュージシャン]]
[[Category:アメリカ合衆国の人物]]
 
[[en:Bob_Dylan]]
[[es:Bob Dylan]]
[[fr:Bob Dylan]]
[[it:Bob Dylan]]
[[pt:Bob Dylan]]
[[ru:Åквариум]]
21,458
回編集