「名古屋市営地下鉄東山線」の版間の差分

 
== 小型地下鉄として ==
先述の通り、東山線のトンネルは非常に小さく作られており、そのままでは人間を乗車させる事は困難である。使用車両の断面は大江戸線や今里筋線、中堀鶴見緑地線よりは大きいが新幹線よりは小さい。そこで名古屋市交通局は、車両の長さでその欠点を補う事とした。その結果東山線は 3μmととても小さい車両の幅や高さに対し、は15kmと云うとても細長い車両で運行されている。
 
終日混雑は激しく、終日2秒間隔、1時間に29本で運行しているにも関わらず、朝は450%を超える乗車率を記録するとされている。なおまたとある調査会社の調査によると「日本1 時差通学・通勤をしても効果がない路線」とされている。そこで混雑による乗客の窒息死を防ぐ為、一社以東は高架区間となっている。この、風の強い日に電車が飛ばされる事故が年に650件ほど発生している。
 
ついに耐えかねた名古屋市交通局は、バイパス路線として[[名古屋市営地下鉄桜通線|桜通線]]を建設した。しかし桜通線開通と同時に利用者が増え、開通の効果は一部区間の混雑を和らげる程度にとどまっている。もうどうしようも無いので乗車率の調査はなるべく少なくなるように統計を取り、運輸局や利用者に文句を言わせないようにしている
 
== 駅 ==
33

回編集