「バラク・フセイン・オバマ」の版間の差分

ページの白紙化
(ページの白紙化)
'''バラク・フセイン・オバマ'''(1936年~1982年)は、[[ケニア]]西部、[[ウガンダ]]との国境沿いにある[[ニャンザ州]][[シアヤ県]]ニャンゴマ・コゲロ村出身の[[経済学者]]である。
 
なお、この文章を読んでいる人間のほとんどは、[[検索]]した際に名前の最後に「'''ジュニア'''」を入れ忘れていると思われる。
 
== 生涯 ==
=== 誕生 ===
[[1936年]]、オバマはケニアにあるビクトリア湖の湖畔ニャンゴマ・コゲロにある[[イスラム教徒]]の家庭に生まれた。父はフセイン・オニャンゴ・オバマ、母はハビバ・アキム・オバマ。母は、オニャンゴ・オバマの2番目の妻にあたる。幼少時より、聡明の誉れが高かったバラク・オバマは、[[1950年]]に英国国教会の運営する中学校に通い始める。中学校においても、オバマは「非常に鋭く、落ち着いており信頼の置ける行為的な生徒」とのことであり、当時から一目置かれる存在だった。
 
'''しかし、後に彼は異国の地ではっちゃける。'''
 
=== 結婚 ===
[[1953年]]に中学を卒業した彼は、[[1954年]]に最初の結婚をする。相手は同じ部族のケジマ・オバマ14歳。彼女はバラク・オバマとの間に4人の子供をもうけることになる。
 
==== 当時のケニアの情勢 ====
1950年代、イギリスの[[植民地]]だったケニアでは、白人の土地所有者に対する反抗が顕在化し、大規模な反乱となっていた。ケニアの主要民族、'''キクユ族'''が主となったこの反乱を、イギリスは「'''マウマウ団の乱'''」と呼び、徹底的な弾圧を行っている。その結果、乱は1956年に終結。しかし、ケニアの植民地予算の4年分もの戦費を費やすこととなった反乱の結果、[[1960年]]、イギリスはケニアの植民地経営を放棄することを決定する。そして、[[1963年]]におよそ75年にわたる植民地支配よりケニアは独立し、翌年、[[共和制]]に移行することになる。
 
=== アメリカ留学まで ===
[[1960年]]、ケニア初の政党「ケニア・アフリカ人同盟」の創設メンバーであるトム・ムボヤは、3年後のケニアの独立までの間にケニア人の優秀な人材を海外へ留学させ、国政の担い手とするプログラムを立ち上げる。その際、1960年の大統領選挙で当選した[[ジョン・F・ケネディ]]が、積極的に海外の優秀な若者を受け入れることを表明していたため、渡りに船とばかりに、多くのケニア人の若者がアメリカへ留学することになる。
 
その中に、ニャンゴマ・コゲロ出身で、後に世界を大きく動かすバラク・フセイン・オバマ23歳もいた。彼は経済学を修めるために、ハワイ大学へ留学することになった。'''妻のおなかには子供がいたにも関わらず'''。その際、彼はイスラム教徒を捨てて無神論者になったとされる。なお、1960年代のアメリカ、しかもハワイで、イスラム教徒が上手くやっていくいけるような環境はまず存在しない。併せて、その後の彼のはっちゃけぶりを考えると、'''たとえ、この時点でイスラム教徒であったとしても、無神論者としたほうがいい。それがいい。'''
 
=== ハワイ ===
[[1960年]]、妻子を置いてハワイ大学に入学した彼は、'''後の世界に多大な影響を残す所業をやってのける'''。まぁ、本人はそのことを知ることはなかったが、すなわち、[[1961年]]2月21日に、アメリカ人学生[[アン・ダナム]]とアメリカにおいて結婚、しかも半年後の8月4日に子供までもうけるのである。
 
'''計算が合わないことについて深く考えてはいけない。'''
 
そして、[[1962年]]に無事、ハワイ大学で経済学を履修すると、今度はハーバード大学の大学院に入る。ハワイに二番目の妻子を残して。
 
'''深く考えてはいけない。'''
 
なお、1964年1月に、アン・ダナムは彼と離婚手続きに入る。
=== ハーバード大学 ===
ハーバード大学院に入学した彼は、'''またもやはっちゃける。'''彼は、アメリカ生まれの教師、ルース・ンデサンジョと出会うと、'''即座に結婚'''。しかも、アン・ダナムとはまだ離婚していない時期に。'''もう、何がなんだか'''。
 
そして、無事にアン・ダナムと[[離婚]]した後、1965年に彼はハーバード大学院で経済学の修士課程を取得し、ルース・ンデサンジョをつれてケニアへと帰国する。
 
=== ケニア ===
ルースと一緒にケニアに帰還した彼は、最初の妻、ケジマとその子供達と一緒に暮らしはじめる。
 
'''もはや何も言わないほうがいい。'''
 
最初、石油会社に雇用された後、運輸省に勤務することになった。その後は財務省に引き抜かれるなど、ケニアでも卓越した経済官僚としてその地位を築くことになる。また、帰国直後には、ケニアの社会主義問題についての論文を執筆している。しかし、その論文はケニアの初代大統領である[[ジョモ・ケニヤッタ]]の逆鱗に触れ、以後、彼は閑職へと回されることになる。
 
しかし、彼は故郷であるニャンゴマ・コゲロには大きく貢献しており、村の小中学校は彼が寄付をした土地に建造されている。
 
=== その死 ===
[[1982年]]、彼はケニアの首都ナイロビで交通事故により死亡する。享年46。
 
=== 誤報の数々 ===
[[2008年]]の春から、20年以上前に亡くなった[[ケニア]]の[[経済学者]]に関する報道が多くなされるようになる。'''どうしてだろう?'''しかし、'''なぜか'''、その多くがまるで何かにとりつかれたかのように誤報を繰り返している。その中でも多く見られるのが、現在、ニャンゴマ・コゲロに在住する彼の義母を彼の母親だと報道したり、彼がケニアで結婚した後、ハワイでもう一回結婚し、その後、本土でまた結婚するまでを正確に報道しなかったり、世界中に散らばっている彼の子供達に対するあからさまな情報の遮断など、その多くが目に余るものである。
 
'''まぁ、でも、報道に事実を伝える力がないときはしょうがない'''。
 
なお、日本語版ウィキペディアにある超重要記事において、彼の9人の子供うち4人が死んでいるという記述がある。なお、'''英語版のウィキペディアにおけるその記事にそんな記述は存在していない'''。併せて、インターネットで検索をかけてみた結果、死亡が確認された彼の子供は、デビッド・ンデサンジョ一人である。
 
== 彼の家族 ==
;フセイン・オニャンゴ・オバマ(1895年~1979年)
:父。彼は元々料理人だったが、第一次世界大戦のとき、イギリス軍に入隊。彼はカトリックに入信していたが、その後にイスラム教に改宗したとされる。
;ハビバ・バクム・オバマ
:母。オニャンゴ・オバマの二番目の妻にあたる。
;サラ・オバマ
:義母。オニャンゴ・オバマの三番目の妻。現在もニャンゴマ・コゲロに住む熱心なイスラム教徒。
;ケジマ・オバマ(1940年~)
:最初の妻。現在はケニアを離れ、イギリスに住んでいる。
;アン・ダナム(1942年~1995年)
:二番目の妻。彼と離婚した後、インドネシア人実業家と再婚し、1970年に一女をもうけている。
;ルース・ンデサンジョ
:彼の三番目の妻。彼と死別した後、タンザニア人と再婚している。
;マリク・オバマ(1958年~)
:彼の長男。ケジマとの間の子。ナイロビ生まれ。父にならいナイロビ大学で会計の学位をとった彼は現在もニャンゴマ・コゲロに住み、近くで電気屋を営んでいる。
;アウマ・オバマ(1960年~)
:彼の長女。ケジマとの間の子。彼女は[[ドイツ]]の大学に留学し、博士号を取得。現在は[[イギリス]]に在住し、[[1996年]]に結婚。現在、娘が一人。
;バラク・フセイン・オバマ・ジュニア(1961年~)
:彼の次男。アン・ダナムとの間の子。現在はアメリカに在住。
;アボ・オバマ(1968年~)
:彼の息子。現在、ケニアで国際電話のマネージャーを務めている。
;バーナード・オバマ(1970年~)
:彼の息子。ケジマとの間の子。彼はナイロビで自動車関係の仕事についていたが、その後、母親であるケジマ、および家族とともにイギリスに移り住んでいる。
;マーク・ンデサンジョ
:彼の息子。スタンフォード大学で物理学を研究した彼は、現在、[[中国]]向けのインターネット会社を経営している。現在は、中国人の妻と一緒に深センに在住している。
;デビッド・ンデサンジョ
:彼の息子。[[1982年]]にバラク・フセイン・オバマが死亡したオートバイ事故で一緒に死亡している。
;ジョージ・フセイン・オニャンゴ・オバマ(1982年~)
:彼の息子。母親はアトランタ生まれのアメリカ人。'''結婚はしていない'''。その後、彼の母親とフランス人の継父に育てられる。その後、[[韓国]]で2年暮らしたあとケニアへ戻り、'''スラム街で暮らす。'''その後は、整備士として働くも、[[2009年]]に麻薬不法所持の疑いで逮捕されている。
;ゼイチュニ・オニャンゴ(1952~)
:彼の妹。プログラマーとして働いていた。現在はアメリカに在住。
;オマル・オバマ
:彼の弟。現在はアメリカに在住。
;ユセフ・オバマ
:彼の弟。
;サイード・オバマ
:彼の弟。
 
== 関連項目 ==
*[[留学]]
*[[留学生]]
*[[ケニア]]
*[[結婚]]
*[[離婚]]
*[[お前じゃない]]
 
{{DEFAULTSORT:はらく ふせいん おはま}}
[[Category:ケニア]]
[[Category:経済学]]
[[Category:経済学者]]
[[Category:1936年生]]
[[Category:1982年没]]
[[Category:お前じゃない]]
匿名利用者