「アンパンマンのマーチ」の版間の差分

2,683 バイト除去 、 2018年8月9日 (木) 20:53
ページの白紙化
(ページの白紙化)
{{ウィキペディア}}
'''アンパンマンのマーチ'''(あんぱんまんのまーち)は、[[やなせたかし]]が唱えた「[[人生、宇宙、すべての答え]]」の否定説である。
 
== 概要 ==
宮沢賢治の手帳に残っていた「ナニヲシテイキルノカ」を元にした作品で、[[やなせたかし]]が人類のために「決して答えられない設問」として作った作品である。
 
有限会社やなせスタジオはこの問題の答えに100万ドルの懸賞金をかけている。
 
スーパーコンピュータ、ディープ・ソートによれば、「万物についての究極の答え」は「[[42]]」であるという答えを750万年かけて出しているが、やなせたかしは生まれて数十年でこれを否定した。
 
== 問題 ==
{{JASRAC}}
[[アンパンマン]]のマーチは主に2つの問題で構成されている。
*なんのために生まれて なにをして生きるのか こたえられないなんて そんなのは いやだ!
*なにが君の しあわせ [[オナニー|なに]]をして よろこぶ [[童貞|わからないままおわる]] そんなのは いやだ!
非常にシンプルな問題だが、哲学的に考えれば、万物に当てはまる答えはなく、非常に難しい問題である。
 
 
これらの問題に対し、やなせたかしと[[スティーヴン・ホーキング]]は共同でいくつかの仮説を立てている。
*今を生きる ことで 熱い こころ 燃える だから 君は いくんだ ほほえんで
*忘れないで 夢を こぼさないで 涙 だから 君は とぶんだ どこまでも
*[[ニート|時は はやく すぎる]] 光る星は 消える だから 君は いくんだ ほほえんで
 
 
これらを実証するため、以下の実験を行った。
*アンパンマンに心を持たせる。
*友達は「勇気」だけ。アンパンマン本人が「勇気一つが 友達なんだ」と言っている。しかも勇気は自分の主成分「勇気の花」である。ちなみに愛は[[ジャムおじさん]]から受け継いでいる。
*「ばいきん」を人類の共通の敵とする。
 
1969年([[昭和]]44年)にこの実験を開始し、何年か後には、テレビの企画として毎週実験が行われるようになったが、いまだにこの結論がでていない。
 
== 関連項目 ==
{{アンパンマン}}
{{スタブ (アンパンマン)}}
 
{{DEFAULTSORT:あんはんまんのまあち}}
[[Category:アニメソング]]
[[Category:それいけ!アンパンマン]]
匿名利用者