「宇宙戦争」の版間の差分

8,119 バイト除去 、 2018年8月9日 (木) 21:00
ページの白紙化
(ページの白紙化)
'''宇宙戦争'''(うちゅうせんそう)とは、[[宇宙]]規模で行われる民族間、あるいは同じ民族同士で行われる[[戦争]]のことをさす言葉である。一般的には、[[1898年]]や[[1938年]]、[[1953年]]、[[1996年]]、[[1997年]]、[[2005年]]と何回にもわたって繰り広げられてきた、[[地球人]]と[[火星人]]の間の戦争を示す事が多い。以下では、それについて詳述する。
 
==戦争の一般理解==
{{ウィキペディア}}
{{ウィキペディア|宇宙戦争 (H・G・ウェルズ)}}
この火星人と地球人の戦争は、全て火星人が一方的に[[地球]]に[[地球侵略|侵攻したこと]]によって勃発したものである。[[火星]]の民には、もとより地球人とコミュニケーションをとろうという意思が存在せず、地球を征服して自分たちのための星に作り変えることを目論んでいた。
 
しかし1898年の第一次戦争、それに1938年~1953年の第二~三次戦争は、地球人にはまだ火星人に対抗しうる技術が存在しなかったことから、実質的には戦争と呼べるようなものではなく、地球人側は一方的に火星人による制圧を許し、ただ逃げ回るという局面の展開に終始した。
 
だが火星人は宇宙飛行と武器の技術では優れていたものの、生物学の面では地球人よりはるかに劣る種族だったようで、五度の戦争は全て地球の[[細菌]]と[[ウィルス]]に駆逐され、先遣部隊が壊滅するというこっけいな終焉を迎えて侵略を断念せざるを得なかった。しかも第一次作戦の失敗後にそれに気づかず、何度も繰り返して侵攻して同じような形で駆逐されているところを見ると、実は学習能力すら地球人よりかなり劣っている可能性が指摘された。
 
また、1996年の第四次戦争(通称:独立記念日戦争)では今までの地上に降り立った失敗をいかし、地球に部隊を送り込み、[[この世の終わり|人類を絶滅させる]]直前にまで追い込んだ。しかし、[[ハッカー]]の作った[[コンピューターウイルス]]により防衛機構が破壊され、[[神風特攻隊]]で地上部隊が全滅させられ、宇宙で待機していた母船も[[核兵器|アブナイおもちゃ]]によって破壊された。この事から火星人のコンピューターは、ウイルスに弱い事が判明した。
 
[[1997年]]の第五次戦争も地球に部隊を送り込み、宇宙服を着て地上を攻めたが、すばらしい音楽の力により、火星人は呆気なく脳みそを[[味噌汁]]にされた。これにより火星人に特定の音楽を聴かせると、脳みそが破裂する事が分かった。
 
そして[[2005年]]の第六次戦争であるが、やはり第一次戦争から100年以上経っていても微生物についての知識を有しておらず、同じように先遣部隊が全滅して終結した。それどころか従来の戦争とは違い、たびたび[[ゴジラ]]に代表される[[怪獣]]の侵略を受けている[[日本]]が「なれた事」と看做してしまって相当抵抗し、[[大阪市]]で宇宙船の一部を破壊されて乗員が[[たこ焼き]]の具にされるなど、火星人の[[プライド]]がかなり傷付けられる事態まで生じた。
 
==戦争の詳細==
一般的には上記のとおり、地球の細菌及びにウィルスが勝因であるとされているが、さらに以下の要因も指摘されている。
*地球の環境
**地球の大気の存在そのもの
**:火星側は存在は確認していたものの想定よりも密度が高かったため、大気圏突入時に若干の被害を受けた。
**地球の大気の成分
**:火星人にとって、酸素が有毒であった。
**地球の重力
**:地球の重力は火星の約3倍ほどあるため、活動が非常に困難であった。
*火星人側の[[兵站]]の軽視
*:月の存在を無視して直接兵力を地球に送っていた。もし、月面に補給基地をもうけたうえでの侵攻ならば地球側の被害ははるかに大きくなった可能性が高い。
*コンピューターウイルス
*:1996年の戦争では,人類が火星人もコンピューターを使っていると思い,コンピューターウイルスを感染させたら何とかなると思い、実際に感染させてみたら火星人のパソコンはハッキングされ、その後火星人は地球人の猛攻により全滅した。
*特定の音波
*:[[1997年]]の第五次戦争ではある[[おばちゃん]]の家に攻撃した時、そのおばちゃんは古いウエスタンソングをかけていた。それを聞いた火星人の脳みそが爆発し,最後はこれでやられる。
 
また、火星人の身体能力は劣っているとされているが、そもそも火星人の体は火星の環境に適応するようにできているため、地球という環境の下ではそう見えるだけである。
 
学習能力においても、火星には微生物が存在していないため、火星人には微生物という概念そのものが存在していないことや(ただ[[生物]]学的には、細菌類がまったくいない環境で生物が生存できる可能性はほとんど無いと見られているため、説得力に劣るという反論もある)、先遣部隊が壊滅後の撤退ができず全滅し敗因の分析が全くできないことを考慮すると、必ずしも低いとはいうことはできない。さらには火星の衛星は火星に対して非常に小さく、火星人が衛星を取るに足らないものだと認識するのも、あながちおかしなこととはいえない。
 
== 今後の展望と地球側の対応 ==
現在、火星人は第七次戦争を画策しているという噂があるが、これまでの経緯からすると同じパターンをたどって潰走する可能性が高いと指摘されている。また、火星人も第五次戦争までに人材と物資の両面で相当な損失を受けていると考えられており、疲弊しているだろうから当分は侵略できないだろうともいわれている。
 
地球では対策として、火星人に見つからないように何らかの手段で細菌かウィルスを火星に送り込み、彼らを根絶やしにする工作を検討している。
 
しかしこの作戦に対しては、一部の人権団体・政治団体・個人から、「火星人にも生存する権利がある」「圧力より対話を」「地球・火星国交正常化」を、という反対と抗議の声もあがっている。
 
また科学者の一部からは、いままで数次にわたる火星探査において火星人が発見されなかったことと、探査機が異常な作動を起こしていることから、微生物のサンプルをわざわざ火星人の手に渡すことになるのではないか、という心配もなされている。
 
一方で地球では月探査を進め、月面の地理の把握による地の利の確保及び火星側の補給基地の不在を確認し、地球側の防衛前線基地の立地場所策定を進めるなど、防衛策に限ってみれば一定の評価を得ている。
 
=
 
==関連項目==
*[[惑星]]
*[[火星]]
*[[宇宙人]]
*[[テラフォーマーズ]]
*[[アルドノア・ゼロ]]
 
{{戦争一覧}}
 
{{スタブ (軍事)}}
{{DEFAULTSORT:うちゆうせんそう}}
[[Category:宇宙人]]
[[Category:SF]]
[[Category:19世紀の小説]]
[[Category:特撮映画]]
[[Category:地球侵略への道]]
[[Category:地球外生命体を題材とした作品]]
[[Category:宇宙戦争を題材とした作品|*]]
 
 
[[en:War of the Worlds]]
 
[[eo:Milito de la Mondoj]]
[[es:La Guerra de los Mundos]]
[[it:La guerra dei mondi]]
[[nl:War of the Worlds]]
匿名利用者