メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

しんぶん赤旗

12 バイト追加, 2020年1月28日 (火)
概要
{{ウィキペディア}}
==概要==
医薬品の説明文書にしては情報量が非常に多いため梱包箱に収まりきらず、「ニホンキョウサン湯(トウ)」服用者の家へ新聞のように毎朝配達される。医薬品の説明文書にしては情報量が非常に多いため梱包箱に収まりきらず、「丹本梗散湯(ニホンキョウサントウ)」服用者の家へ新聞のように毎朝配達される。<s>処分に困り家計も圧迫される</s>環境志向かつエンゲル係数の高い家庭向けに日曜版という週1回配達のタブロイド版も用意されている。なお夕刊はない。空が赤く染まるのだから共産色と合致はするのだが、「<s>党の斜陽の現実を突きつけられ[[欝病]]党員の続出を懸念した措置</s>党の斜陽をイメージさせて縁起が悪い」「日刊紙・日曜版・夕刊の高額な同人紙3点セットの毎日購読および出版・発送は、党員家計も党財政も崩壊させる」ためと思われる。
[[池田犬作|池田先生]]のありがたい<s>迷惑</s>お言葉に満ちているライバル詩「[[聖教新聞]]」を意識してか、語尾が「death・マス」調で統一されており、テレビ欄、スポーツ欄のほか、赤いフィルターの掛かった一般的でない一般報道記事も載せている。両紙のバトルは双方の紙上で観測されているが、赤旗が等価報復なのに対し、聖教は[[半沢直樹|百倍返し]]のインフレ報復もじさない。しかし、聖教がハッスルするほど、ミイラ取りがミイラになるが如く、半島北部で赤い国旗を掲げている先軍独裁の(自称)民主主義共和国の[[朝鮮国営放送|国営テレビ]]が垂れ流すプロパガンダと息がぴったり合い、誰が読んでもドン引くような内容となり自沈していくのを反面教師とする赤旗は気にしていない模様。
匿名利用者