メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

予想外

44 バイト追加, 2007年12月1日 (土) 19:06
+Template
{{Q|我が輩の辞書に予想外という文字はない!|ナポレオン・ボナパルト|予想外}}
'''予想外'''(よそうがい)とは、もともとただの(よそうがい)とは、もともとただの[[熟語]]であったものが、おもに何の罪もなく、物言わぬ犬を勝手に編集してCMに使うというあくどいケータイ会社の[[ソフトバンク]]によって捻じ曲げられた言葉であり、社の合言葉である。しかしまだまだ将来性という希望を持つ言葉でもある。初代使用者は[[予想GUY]]である。さらに初代CMでは幼女に抱かれる光景が見られているため、教育上ふさわしくないと当然誰もがいう。{{ウィキペディア無し}}
==一般人の使い方==
おもに日本で使われる。
===変化===
*必ず無駄に丁寧な現在形(予想外です)必ず無駄に丁寧な現在形(予想外です)
*「です」は「デス」またはと片言風に発音する。「[[DESU NOTE|DESU]]」「[[デスノート|DEATH]]」と発音すれば尚良い。
*五分間に一回は使う
;宣伝するとき
:(何かにつけて)予想外デス(何かにつけて)予想外デス
;驚いたとき(刷り込み)
:予想外デス。
まあ、この言葉だけでは大声で急に言わないと、笑われることはおそらくない。刷り込みの犠牲者となった子供たちは笑いをとろうとした場合にこの言葉を使うことが分かっている。
==PL法と予想外PL法と予想外==
日本において、製造物に関する欠陥等の障害については、過失の有無を問わない厳密責任の姿勢をとっている。この事実はPL法に基づいている。しかしながら、実際に欠陥が発生し消費者に何らかの不利益が生じた際、この「予想外」という言葉を唱えるだけで、責任を免除できる確率が飛躍的に上昇する。
その理由として、製造物責任法第四条一項の記述が挙げられる。
確かにこのような条項が無ければ技術の停滞を招く可能性は大きい。それに、内容的にも[[不可抗力]]と取れないこともない。しかし、人は嘘をつける。これを忘れてはならない。そして人は自主的に責任を果たそうと努力することができる。これも忘れてはならない。
 
==逆の使い方==
予想内という言葉もあるが、想定内と使う馬鹿マジ一般人の勢力と[[堀江貴文|豚舎の主(減量)豚舎の主(減量)]]のために、死語となりかけている語である。
{{DEFAULTSORT:よそうかい}}
[[Category:言葉]]
8,920
回編集