メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

記憶喪失 (アンサイクロペディア)

837 バイト追加, 2008年1月12日 (土) 23:54
概要
{{黒歴史}}
アンサイクロペディアにおける'''記憶喪失'''とは、[[2008年]][[1月]]に起こったアンサイクロペディアでの一大事のこと。アンサイクロペディアの[[管理者]]は[[黒歴史]]としてあまり語りたがらないが、過去実際に起こった[[事実]]である。
 
以下に概要を示す。なお、ここでの時間は全て日本時間で示す。
==概要==
しかし復旧したとはいえ、意識を取り戻した直後のアンサイクロペディアは[[記憶喪失]]を起こしており、ダウンする前は9013項目もあったものが、記憶喪失から回復した直後はわずか4238項目にまで減っていた。しかも意識を取り戻したとはいえ直後は[[重い|意識がはっきりせず]]、アクセスしてきたアンサイクロペディアンたちに''[[Uncyclopedia has a problem]]''と言ったり、それどころかログインすらすることができず、いろいろと呆れさせた。
ある程度マトモにアクセスできるようになったのは翌[[1月11日]]の未明頃になってである。その頃になると項目だけはほぼ全て復旧できたようであるが、日本時間で午前4時半現在、まだ意識を完全に取り戻したわけではなく、アップロードされていた画像が大量に表示されなかったりアップロードされていたはずなのに赤リンクになっていたりと、完全に意識を取り戻すのにはまだ時間がかかりそうである。の未明頃になってである。その頃になると項目だけはほぼ全て復旧できたようであるが、日本時間で午前4時半現在、まだ意識を完全に取り戻したわけではなく、アップロードされていた画像が大量に表示されなかったりアップロードされていたはずなのに赤リンクになっていたりと、完全に意識を取り戻すのにはさらに時間が必要だった。 しかし不完全でも記憶を取り戻して1日も経たない内、11日夜にまたダウンした。2ちゃんねるでもこれにはもはやあきれた様子で「''アンサイがないとつまんね。もう寝るべ。''」と言う者すらいる始末であった。 次に意識を取り戻したのは12日夕方から夜にかけてのこと。今度はちゃんと画像も記事も取り戻されており、[[アンサイクロペタン]]も[[アンサイクロペディアン]]もほっと一息ついた様子である。もっとも、ユーモアで破裂しそうな脳みそを持っている彼らにとって、職探しや勉強と言う、いいアンサイクロブレイクになったのではないだろうか。
==関連項目==
270
回編集