「秘書」の版間の差分

790 バイト追加 、 2008年2月3日 (日) 11:34
加筆。こんなに改行いらない気がする
(ではExpansion、ついでに体裁)
(加筆。こんなに改行いらない気がする)
{{Expansion}}
{{18禁}}
'''秘書'''(ひしょ)とは、タイトなスカートをはき、知的なガネージを醸し出すべく[[眼鏡]]をかけ、[[男子]]のHな[[妄想]]をかき立てる職業に従事する[[女性]]を指す。
 
==概要==
通常は[[社長]]や重役、理事長、組合長などの要職に就く人物の補佐的業務(後述)を行う。服装は[[スカート|タイトスカート]]や[[ガーターベルト]]が義務付けられる他、白ブラウスを着用し、胸の部分のボタンは最低2つ以上開ける事がように定められている。多くの場合、大学卒の中から面接を経て選抜されるが、稀に[[水商売]]から直接採用されるシンデレラストーリーも確認されている。この場合[[セックス|愛人]]を兼ねる事が採用条件になっているようだ。
 
世の中には政策秘書などといった男性の秘書もいるが、それはもちろん社長などの雇用主が[[ゲイ|そういう趣味]]の人間だからである。あるいは女社長に雇われている可能性もある。
 
==業務内容==
香水を付け、[[日本眼鏡っ娘連盟|メガネ]]眼鏡をかける。]]<br />
社長のスケジュールを管理し{{検閲により削除}}の時間を作る。<br />
社長の{{放送コード}}や{{放送コード}}を{{検閲により削除}}する。<br />
社長の机の下にもぐって、{{検閲により削除}}をする。この時{{放送コード}}は飲み込む。<br />
若手社員とエレベーターで一緒になった場合、耳元で「うふ、がんばってるわね」とささやき誘惑する。<br />
椅子に座ってい場合は、頻繁に足を組み替える。
 
また、上に記したような業務能力の向上([[性的な意味で]])を目的として、秘書技能検定や秘書能力検定などの検定試験が行われている。
 
==注意点==
平社員及び一般管理職の諸君は、絶対に手出ししてはならない。たとえ向こうが秘書の方から誘ってきてもだ!<br />
彼女は君にこう言うだろう「[[姉|お姉さん]]が食べてあげる」、「社長にバレなきゃ大丈夫よ」、「あら私ってタイプじゃない?」などなど、我々の精神を乱す言葉を、眩暈がするような色香と共に・・・……<br />
 
どうだろう? 君は我慢できるかい?
 
==手が届く秘書==
このように高嶺の花である秘書だが、[[アダルトビデオ|映像]]と[[アニメ]]の中では我々の物である。もちろん[[妄想]]もだ。しかし映像で注意しなければならないのは、途中から見た場合[[女教師]]と区別がつきにくく、わざわざタイトルを確認し直す手間がかかる事が挙げられる。また、以前見た時は確か秘書だったはずなのに、あれ? いつの間にか[[メイド]]になっ転職しらぁ。いるじゃないか、なんて事もあり得る。特にメガネ、眼鏡をかけた秘書に惚れている場合はメイド時にメガネ転職後も眼鏡を着用しているとは限らないため、サンプル動画を視聴するなど、より慎重にした吟味ならねばならなものである
 
{{DEFAULTSORT:ひしよ}}
匿名利用者