メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

ファンタジー

1,515 バイト追加, 2008年2月11日 (月) 00:50
さまざまな言語。工事中だけどよかったかな
;[[エルフ]]族
:魔法が使えたりする。髪が長く、背が高く、[[白人]]である事が多い。
 
==さまざまな言語==
ファンタジーにおいて重要なのは必殺技やモンスターの名前を何語を中心に構成するか決める事である。
*[[日本語]] 基本。剣を要いる必殺技は全部漢字で読みがカタカナというパターンが多い。また、すべてひらがなに統一して「俺は[[中二病]]では無い」とアピールする場合も多々あるが、はたから見たらそれを含めて[[中二病]]にしか見えない。
*[[英語]] かの有名な[[エターナルフォースブリザード]]もこの[[英語]]に分類される。これも基本であり、文法を無視したり意味の繋がらない単語を組み合わせたりするとポイントは高くなる。また、無意味に「ザ・」や「オブ」を入れたらそれなりによく聞こえるため、頻度は高い。
*[[ドイツ語]] 前述の通り、重度の[[中二病]]になると[[ドイツ語]]の出現率が上がる。単語を調べないと意味がわからない為、[[日本語]]や[[英語]]よりもタチが悪い。[[RPGツクール]]をしている側とすればいい迷惑である。それでいてやはり文法は無視している。
*[[イタリア語]] 主に[[ジョジョの奇妙な冒険]]に影響されると使用率が上がる。
*[[フランス語]] ややオシャレになる。が、やはり[[ドイツ語]]と同じく意味はわからない。
*[[ベトナム語]] 尊敬に値する。
==関連項目==
36
回編集