メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

緊急警報放送

576 バイト追加, 2008年5月31日 (土) 21:16
編集の要約なし
 
'''緊急警報放送'''(きんきゅうけいほうほうそう)とは、地震が予知された場合に、放送に特殊な信号を乗せ、受信装置のスイッチを強制的にONすることで、地震の危険を伝えるものである。通称EWS。
[[地震]]が予知された<ref>長年の研究の結果、地震予知はできないとされている。</ref>ら、30分以内に[[地震予知会議]]を招集<ref>地震予知連絡会は欠員の山であり、招集をしたところでたいして人は集まらない。</ref>し、大地震の危険性が高まった場合、政府・自治体からの要請でこの警報放送が行われる<ref>放送システムは現実に存在しており、極々一部では、対応商品も売られている。</ref>。このシステムの実現には法制化が行われており、多額の予算が投入されている<ref>念の為にもう一度書くが、地震予知はできないとされている。</ref>
[[デジタル放送]]でも、このシステムは継承されており、対応する受信装置では、デジタル放送を受信して常時その伝送情報[[TMCC]]を解析するだけで緊急警報放送に対応することができる。なお、電源OFF時に伝送情報を解析するには、デコーダー以外のほぼ全回路を動作させておく必要がある。 [[NHK]]は毎月1日の正午前、民放の多くは月に1回程度、放送終了時にテスト信号を流している。<ref>過去に2回、テスト信号と間違えて本物の信号を流した事があるが、誰も気がつかず全く実害は無かった。良かったよかった。</ref>
== 註 ==
106
回編集