「新御徒町駅」の版間の差分

9 バイト除去 、 2008年8月6日 (水) 23:10
草むしり
(草むしり)
'''新御徒町'''('''しんおかちまち''')とは[[御徒町]]の代用品として即興に作られた駅の名称であり、押し寄せるアキバ系[[オタク]]の侵入による御徒町駅周辺の人的被害を最小限に食い止めるために作られた駅型の最終兵器である。
{{ウィキペディア}}
'''新御徒町'''('''しんおかちまち''')とは[[御徒町]]の代用品として即興に作られた駅の名称であり、押し寄せるアキバ系[[オタク]]の侵入による御徒町駅周辺の人的被害を最小限に食い止めるために作られた駅型の最終兵器である。
 
==上野御徒町と新御徒町==
 
==御徒町を守る人柱として==
1990年代に膨張し変貌した「趣都」秋葉原。そこへ来る途方もない量のオタクさんたち。彼らは有害とは言えないまでも、無害であるとはとてもいえぬ存在であり、その流出にどの近隣地域も応対に苦慮していた。オタクに登録制を、オタクに許可制を、あるいはオタクに即時退去を、という声が聞こえる中で、一番の強硬派は台東区の御徒町・上野・鶯谷の住人であった。彼らはあらゆる手段を講じてオタクを封印しようとしていたが、功を奏さず打開策は見出せなかった。そんな中、オタクを封じ込めるのではなく、横流しにするのはどうかという案が出された。すなわち彼らに筋道をつけて流せば十分なガス抜きになり、アキバ系オタクの膨張主義を無にすることができると考えたのである。しかしそうはいっても、誰がネコ(オタク)に鈴をつけるのか、ということでまた話は暗礁に乗り上げた。どこの自治体も尻込みし、激論が飛び交う中、「元浅草」の佐竹町商店街とおかず横丁の関係者がオタクをひきつける人柱になることに名乗りを上げたのである。この犠牲的精神にその場に居合わせた誰もが涙したという。最終的に大江戸線の駅はわざと誤解を生むように、当初の「元浅草」から「新御徒町」へと名前が変更されることになったのである。
 
==オタクの封印列車==
9,219

回編集