「自慰」の版間の差分

1,678 バイト除去 、 2007年1月29日 (月) 12:11
 
'''自慰'''(じい)とは、「余りにやり過ぎてしまった人」が、その合間に息抜きとして行う行為。「ALL I NEED」を日本語に直し、[[JESUS|イエス・キリスト]]の音をあてた意味として知られる。
おなにーきもちー!
==概要==
 
この行為は、男女の区別が無い。しかし男は[[ティッシュ]]を必要とするのに、女はそれを必要としないのだが、それを知らないままするどころか、Sをすることで生涯知らない事も知られ、ある意味エコノミーである。
 
と言うのも男はほぼ100%発射するのに対し、女はじわりじわり来る事もあるのでティッシュがいらない事もある。尚男性でも[[皮オナニー]]する事で改善ができる。
== 見出し ==
===進化と自慰===
おなにー!
[[人間]]は、二足歩行によって必然的に意識せざるを得なかった[[性器]]を、余った前足=[[手]]で弄りまわすという行為に没頭した。このため人間はこの性器を扱う上で手を進化させ、複雑な動きを出来るまでに変化させている。この手を使う行動で人間の器用さは格段に進歩し、[[文明]]を獲得するまでに至っている。
 
===動物の自慰行為===
''弱い強調(斜体)''おなにー!
哺乳動物の間でも広く自慰行為は見られるが、ほとんどの種において人間よりも知能の進化が先行し、道具を使用する快感を発見してしまったため、前足の発達が停滞したと考えられている。[[猿]]は布団オナニーを好むことで知られ、[[海豚]]は主に河豚を使用する。
===環境問題===
自慰は大量のティッシュ(2枚重ねのもので、少なくとも3枚以上)を消費するため、木材資源などの環境への影響が懸念されている。もし世界中の男性が自慰をやめたとしても、その性欲はおそらくSEXに向けられて人口が急増するだろうから、環境破壊をなくすには、人間の性欲をなくすしかない。
 
==関連項目==
匿名利用者