「砂糖」の版間の差分

1,692 バイト除去 、 2007年1月29日 (月) 12:13
'''砂糖'''(さとう)とは、カロリーは高いが各種疾病を誘発させる[[麻薬]]の一種である。
 
どっぴゅ~!
==概要==
砂糖は[[炭素]],[[酸素]]と[[水素]]からなる[[糖類]]の一種で、非常に[[カロリー]]が高く、[[生物]]の[[生命]]活動(特に[[脳]]や[[神経]]系統)の効率の良いカロリー源となりうるが、その一方で[[虫歯]]や[[成人病]]([[糖尿病]]など)を誘発させるため、危険な[[化合物]]であると目されている。しかしそのリスクをおしてなお一般に蔓延しているため、[[覚醒剤]]や[[ヘロイン]]・[[コカイン]]以上に[[依存症|依存性]]のある化合物(薬物)だと考えられている。真に危険な薬物だが今のところ砂糖を規制する法律は世界中どこにも施行されていないのが実情だ。
 
2004年に世界保健機関(WHO)と国際糖尿病連合(IDF)が共同で発表したところでは、この恐ろしい薬物による[[中毒]]死亡者は世界で年間320万人にものぼるとしており、この中毒者は2002年調査で1億7100万人、2030年には3億6600万人にまで膨れ上がることが予測されている([http://www.idf.org/home/index.cfm?unode=575B25CF-EE24-429A-B898-8032B86A5DC7])という。これは[[喫煙]]によるとされている被害(これには過大評価の可能性がある)よりはやや少ないが、[[腹上死]]よりははるかに多いと見られている。
 
一般には「白い粉」として知られているこの薬物は、未精製時には黒褐色をしており、[[黒砂糖]]と呼ばれている。精製することにより砂糖は白い粉として市場に出回っており、これらは様々な食品に隠されて流通されている。
 
==毒性==
匿名利用者