「砂糖」の版間の差分

1,950 バイト除去 、 2007年1月29日 (月) 12:15
 
==生産==
今夜が山田!
この薬物の原料として、[[サトウキビ]]や[[テンサイ]](砂糖大根)などが知られている。これらの作物は[[大麻]]や[[ケシ]]・[[コカ]]同様に熱帯~亜熱帯地域(テンサイは寒冷地域でも栽培できる)で栽培されており、ここから世界中に輸出されている。日本では[[沖縄]]などでサトウキビを栽培するものが後を絶たない。
 
他には、一般に[[養蜂家]]と呼ばれる、[[ハチ|蜂]]と呼ばれる猛毒を持つ昆虫(膜翅目)を飼い慣らして、この麻薬の一種を植物から集める裏稼業が存在する。また、この昆虫の一種である[[スズメバチ|雀蜂]]は日本だけで毎年三十人前後の死者を出しており、非常に危険な存在であるが、未だ根絶には至っていないどころか近年被害が増加している。
 
因みに、[[長野県]]等の一部に、命の危険も顧みず野生の雀蜂の巣を駆除している者が昔から存在する。しかし、彼等は[[蜂の仔]]と呼ばれる幼虫(肉食であるが、糖分も同時に摂取している)を食べる事を本当の目的としており、実の所、害虫駆除の使命は名ばかりの、欲と麻薬に目が眩んだジャンキーの成れの果てである。一説には、この蜂の巣は野生の獰猛な食肉目である、[[クマ|熊]]をも狂わせるという。
 
日本国外では[[サトウカエデ|砂糖楓]]が特に有名である。[[カナダ]]は国策としてこの麻薬の生産を奨励しており、全世界に液糖の形で得られる溶液を密輸して国際問題と成っている。他国からの批判にも関わらず国旗にもこの麻薬の葉をデザインする等、全く懲りる様子が無く、日[[アメリカ合衆国|米]][[欧州連合|EU]]他十数ヶ国による国連での非難決議にも応じる気配さえ無い。
 
しょうへいへーい!
匿名利用者