「衣替え (天麩羅)」の版間の差分

3 バイト追加 、 2009年9月3日 (木) 17:09
そこで客は天麩羅の種はそのまま残し、衣だけを先に食べる。そして店員に衣替えを頼む。店員は再度衣を付けて揚げなおし、客に提供する。この場合皿数は増えず、したがって揚げなおしの代金は無料、もしくは極めて廉価であることが多い。そのために客はひとつの種で衣を複数回食することで、安く満腹感を得られる。
 
==歴史==[[ Image:ヴェルタースーツ.jpg|right|thumb|200px|ドイツの一部では[[ヴェルタースオリジナル|キャンディ型]]の衣替え流行っている。]]
もともと[[江戸]]庶民の手軽な料理であった天麩羅だが、[[明治時代]]に入って殖産興業が唱えられるようになると、「わざわざ料理に油をくっつけて食べるとは何事か!油は製糸機械を動かし、軍艦を動かすために使われるのだ!」とのお上のお達しにより、天麩羅油についても厳しい物資統制がなされ、価格が暴騰した。そのため天麩羅は[[料亭]]や高級料理店の料理となり、庶民の食卓から消えてしまった。
 
30

回編集