「あそこ」の版間の差分

サイズ変更なし 、 2007年2月6日 (火) 14:05
あそことは、上記のように少し遠い場所を指す語である。「彼のアソコ」と言う場合、それは第三人称であるために違和感がないが、「私のアソコ」とした場合、それは極めて近い場所を指すために言語学的な意味の不一致が生じる。また「あなたのアソコ」とした場合でも、多くの場合は第二人称たるあなたと私は接近していることがほとんどであり、これも正しくないように思われる。
 
言語学者の[[銀田冬彦]]は専門雑誌『言語』に「アソコの用法-距離との不一致性の解釈-」という論文で上記の指摘を行っているが、これに対して早くから2つの反論があった。すわなち、アソコは男の場合[[陰茎|あれ]]であり女の場合は[[膣|あれ]]であるが、思考の主体である男女の頭部から距離があっても[[セックス|接触]]していたいという強い愛情表現から変化したという説である。もう1つは、あれは思考とは離れたところで勝手に[[勃起|活動]]することから、そこに距離間を感じているとする説である。
 
近年では[[禁オナニーマラソン|アソコを無視する]]ことが流行しているため、もはや[[陰茎|あれ]]とは距離を置くという意味でアソコと称する場合も多いようである。一方で、[[スタンディングオナベーション|アソコを使う]]人たちは、あまりアソコとは言わないという説もある。
匿名利用者