「宗教」の版間の差分

3,352 バイト除去 、 2007年2月9日 (金) 11:18
'''宗教'''(しゅうきょう)とは、発狂した[[人間]]が集団で[[海]]に飛び込む心理状態であると共に、独自の美意識に沿って演劇性のある行動を起こすための基本原則である。稀に「[[奇跡]]」と呼ばれる怪現象で[[大衆]]に楽しまれている[[娯楽]]の様式を含む。
 
うんこ
==概要==
この行為は、概ね正気の沙汰が疑われる[[人間]]の、人間らしい行動を誘発させる基本原理のようなものである。世界各地に様々な形態の宗教がはびこっており、これは[[科学]]が発展した現在でも払拭されるに至っておらず、主に人間の[[精神]]上における構造的欠陥の発露と言えよう。
 
その一方で「'''奇跡'''」という[[集団幻覚]]ないし居合わせたものが無知であったためにきちんとした説明が出来ないものも含む偶発的な現象が稀に報告されている。これらではこの奇跡が、類い稀なる娯楽であるため、多くの人がこの奇跡を目の当たりにしたいと切望しており、しばしば[[悪徳商法]]が擬似的に奇跡を視聴させて金品を奪い取るという行動が[[社会問題]]となっている。
 
悪徳商法においてこの奇跡を視聴させるシステムには、[[舞台演劇]]の演出手法や、[[アルコール飲料]]([[酒]])・[[ドラッグ]]([[麻薬]]・[[覚醒剤]]・大量の[[砂糖]])といった[[生化学]]的な手段、あるいは[[飢餓]]や[[断眠]]・退屈な[[呪文]]・[[禁欲]]([[セックス]]はもちろん、[[自慰]]も禁止)・[[排泄]]の禁止・[[正座]]による足の痺れ・[[頭]]を地面にこすりつける屈辱的な格好をさせる([[恥辱プレイ]])といった方法が取られている。
 
===宗教の雛型===
宗教は、主に以下のいずれかの形態から発展したものである。
#[[アニミズム]]
#:原始人間[[社会]]が[[自然]]に対して無力であるという[[劣等感]]から発生した。
#[[トーテミズム]]
#:何等かの[[シンボル]]をしつらえてその周りで発狂する。
#[[神]]の発明
#:自分を神ないし神の代理人だと吹聴する狂人から発生する[[伝染病]]の一種(→[[教祖]])。
 
このような原型は絶対では無いが、概ね大抵の宗教にはこれに分類される一定の類似性が見られるが、同時多発的な現象でもあるため、各々の宗教が互いに「自分たちの宗教こそ[[真理]]だ」と主張している手前、統合は進まず、逆に時代を追うごとに細分化するといった現象も見られ、真理がかくも様々な宗派に各々存在する訳も無いので、この状況をさして「人間には真理は絶対見出せない」と看破する[[ニヒリズム|ニヒリスト]]も存在する。
 
この細分化現象では、概ね西暦4000年頃には「[[宗教のパーソナル化]]([[個性]]との境界の喪失)」が発生する事が予測されている。
 
===主要なテーマ===
その多くでは以下のような事が主テーマに挙げられる傾向がある。
*'''[[平和]]'''を説く
*友人には'''[[親切]]'''にする
*弱者は'''保護'''する
など
 
これらは翻せば以下のようにも解されている。
*[[敵]]はとりあえず早い段階で始末しておく
*敵には暴虐の限りを尽くして搾取する・敵の富を奪って友達と分配する
*大抵の人間は自分こそ一番惨めで無力だと思い込んでいるので、他からの援助を期待して何ら自助努力をしない
 
==宗教の勢力==
匿名利用者