メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

黒人

1,036 バイト除去, 2010年1月3日 (日) 13:09
編集の要約なし
{{ウィキペディア|ネグロイド|alt=黒人}}
'''黒人'''(こくじん)とは、神聖なる神の子である。[[白人]]たちは自分たちが神の子であると思っているが誤りである。(こくじん)とは、黒い人間であり苦いものが大好物である
「[[黒]]い[[人]]」という言葉で表現されるが、その色は日焼けした[[白人]]ぐらいの色から、ダークブラウンまで幅広い。
== 起源 == ''初めに、[[土]]があった''  ''土は[[神]]と共にあった、土は神であった''  ''万物は土によって成り、その内に土によらずに成ったものはなかった'' と、[[聖書|古代の書物]]にあるように、神々が[[泥]]をこねて作り出し、地上に落としたのが黒人であり、現在も神の子の血が流れている。 彼らは肥沃な大地で神が与えた作物を作り平和に過ごしていた、しかし、ある朝[[宇宙人]]が空飛ぶ船でやってきた。 体をびしょびしょに濡らした肌の白い宇宙人を見た黒人の子供は、興味を持ち、タオルを持って駆け寄ると、いきなり白人は[[散弾銃]]で駆け寄ってきた子供の[[頭|ドタマ]]をぶち抜いた。 そして何か声高に叫ぶと、宇宙人たちは彼らを鎖でつなぎ、[[UFO]]にすし詰めにすると、日本に向かい[[築地]]で彼らをセリにかけた。高い繁殖力、低いIQが特徴
== 差別からの脱出を目指して ==
彼らの住んでいた土地はその日から[[白人|白の宇宙人]]たちの住処となった、白人たちが森を焼き払うと黒人たちがまだいることに気付いた、試しに鳥でも打つように一番近くの黒人の頭を打ちぬくと、彼らは石を投げてきた、白人たちはこれを宣戦布告と受けて[[蚊]]でも潰すように[[虐殺]]した。これを映画化したものがのちに「[[西部劇]]」と呼ばれた。
匿名利用者