メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

シネマ

15 バイト追加, 2010年2月1日 (月) 16:02
概要
{{ウィキペディア|映画史}}
シネマの語源には諸説あるが、[[スペイン]]語で「中国の魔術」を意味するChino Magico(チーノ・メィガシィオ)が[[転訛]]した上で短縮された略称であるとする見方が一番いかがわしいものの、面白いのでここでは採用する。
:チーノ・メィガシィオ ⇒ チーノ・メ ⇒ チーネィモ ⇒ シネマ (:※出典……[[嘘です|ガブリエラ・J・マルティ]]『言語考察・新語の発生とその洗練過程』より)
それまで躍動感を表現する手法こそ発達したものの、決してそれが動き出すことのなかった絵画が動き、ましてそれが言葉を発するようになったのは[[アニメーション]]の概念の発生とその技術向上によるものであるが、それはまさに魔術であっただろうし、それが「魔術 ⇒ いかがわしい ⇒ 未知の存在 ⇒ ロマン ⇒ オリエンタル ⇒ 中国 ⇒ 中国の魔術」としてとらえられたのも自然な流れである。白人文化圏では「良く解らないもの=いらない=東洋人=[[黄色い子はいらない子|黄色い子=いらない子]]=中国」という思考回路が現在においてなお健在{{不要出典}}であり、日本人であろうと朝鮮人であろうと、外国で聞かれるのはまず「[[これはペンですか?|あなたは中国人ですか?]]」であることからもハッキリしている。が、シネマの起源は中国ではない。かと言ってどこの国であるかハッキリ特定できる資料も存在していないが、少なくとも中国ではないだろう。という白人たちの偏見は根強く残っており、おそらく[[アメリカ]]か[[フランス]]辺りではないか、とする説が有力である。
8,320
回編集