「宮崎駿」の版間の差分

2,030 バイト追加 、 2007年2月25日 (日) 13:33
編集の要約なし
(新しいページ: ''''宮崎駿'''(みやざきはやお)とは、日本で極めて成功したロリコン。 ==概要== 1941年誕生。出征経験はないものの、やたら...')
 
 
==アニメーター==
[[太陽の王子ホルスの大冒険]][[未来少年コナン]]でその作画能力を認められ、ついに[[ルパン3世 カリオストロの城]]で映画監督に就任。ルパンがカリオストロに以上に執着するストーリーは、ルパンまでロリコンにさせたとしてルパンファンから猛烈なバッシングを受けた。しかしアニメ界はロリコン文化が開花し始めたときであり、宮崎は概して評価が高かった。
 
[[1984年]]にはトップクラフトを率いて[[風の谷のナウシカ]]を制作。ここでも少女を主人公に起用して成功を収めた。これに気をよくして[[スタジオジブリ]]を設立した。
 
さらに[[天空の城ラピュタ]]のシータ、[[となりのトトロ]]のサツキとメイなど、自分の妄想をアニメ映画によって現出させ、大きな反響を呼んだ。このやり方に気分を害して、原徹などがスタジオジブリを去った。
 
その後も宮崎のロリコン的制作意欲は衰えず、[[魔女の宅急便]]のキキ、[[耳をすませば]]の雫などでも彼好みの少女を登場させている。
 
なお、[[紅の豚]]は趣向がそれらとは異なるが、彼の軍事オタクぶりが発揮された傑作。
 
ちなみに彼のもう一つの性癖である老女への愛情も多くの作品で垣間見ることができる。風の谷のナウシカにおけるババさま、天空の城ラピュタにおけるドーラ、となりのトトロにおけるカンタの祖母、魔女の宅急便におけるバーサ、[[千と千尋の神隠し]]における湯婆婆などがそれである。
 
==ワンマン==
スタジオジブリでの彼のワンマンぶりは有名である。原徹を「ロリコンが理解できんやつはやめろ」と解任したことを皮切りに、少女を否定する構成員を次々に解雇した。
 
スタジオジブリに在籍する[[高畑勲]]は、自分が同じ目に遭うことを恐れ、宮崎のご機嫌を取り続けている。そのため、彼が発表する作品はいつも宮崎のものほどヒットしない。
また、部下に対しては「血ヘド吐くまで書け」など、非人間的扱いをしているようである。そのわりに、[[もののけ姫]]公開時にまだ48歳の鈴木俊夫を年寄り扱いし、引退を勧めている。
 
また、部下に対しては「血ヘド吐くまでけ」など、非人間的扱いをしているようである。そのわりに、[[もののけ姫]]公開時にまだ48歳の鈴木俊夫を年寄り扱いし、引退を勧めている。
{{工事中}}
 
「もののけ姫」公開時に一旦引退宣言を出したが、うやむやにして事実上撤回。その後もスタジオジブリに居続けるため、若手が成長しないのは悩ましい問題である。
 
==評価==
彼に対する評価は早くからなされていた。すでに「ルパン3世 カリオストロの城」から彼の制作能力は絶賛されており、それが彼を調子にのらせたといえる。しかし今では「スタジオジブリという工房があれば誰でもあの程度のアニメを作れる」との声が多い。
 
「もののけ姫」ではベルリン映画祭銀熊賞を受賞。しかし金熊賞を受賞できなかったのは、ヒロインであるサンがあまり[[童顔]]ではなかったためだと思い込み、「千と千尋の神隠し」でしっかり千尋を童顔にしている。しかし驚くべきことにこの作品は金熊賞に選ばれた。ドイツ人も彼のロリコンぶりに深い理解を示しているようである。
 
彼は日本のロリコン文化を世界に発信したという意味で、高く評価されるべき人物である。昨今の萌え文化の形成にも一役買っているかもしれない。
 
==関連人物==
*母親:老女好きの宮崎にとって、性愛の対象であるらしい。
*妻:駿とともに[[二馬力]]を設立。設立趣旨は、「夫婦で一馬力ずつ出し合う」。この夫妻は怪力である。
*[[宮崎勤]]:同じ苗字のロリコン好き。もしかして弟?
*[[マイケル・ジャクソン]]:[[アメリカ合衆国|アメリカ]]で最も成功したロリコン。宮崎と仲がいいのはもちろんである。
 
==関連項目==
*[[ロリータ]]
*[[宮崎勤]]
*[[新世紀エヴァンゲリオン]]
 
匿名利用者