「離心率」の版間の差分

3 バイト除去 、 2007年2月27日 (火) 14:08
M
(M)
離心率は一般にアルファベットの「e」で表される。これは[[フランス語]]の「ennui(倦怠、退屈)」の頭文字である。
 
離心率はお互いの心がどれだけ離れているかを示す指数で、0から1の値をとる。最も愛情がたかくて、いわば[[クレヨンしんちゃん]]のヨシりんとミッチーの関係が0である。一方、完全に冷え切ってお互い心が離れる一方の状態が1である。
 
この指数は[[ヨハネス・ケプラー]]によって導入された。
離心率が0から大きくなると、愛情に波が生じてきて、お互いが近くにいたいときとちょっと距離をおきたいときが生まれてくる。そのような状態は、一方が他方の周囲を楕円運動するように表される。
 
離心率がさらに大きくなると、距離をおきたい時間が長くなり、近くにいたいと思う時間は短くなる。そのため、楕円は大きくなる。しかも芸が細かく、離れた状態のときはゆっくり時間をかけ、接近した状態になるのはあっという間とる。
 
離心率が1となってしまうと、曲線を描きながら離れるだけで、永久に近づこうとしない。別れや離婚を直感的に表している。なお、この曲線は[[放物線]]と呼ばれ、破滅的な夫婦喧嘩でものを投げ合うときの、飛行する物体が描く軌跡と見事に一致する。
匿名利用者