「杞憂」の版間の差分

4 バイト追加 、 2010年10月13日 (水) 07:24
編集の要約なし
 
==概要==
日本には古くから人見知りや不安症の人は神経を費やすあまり木になってしまうという民間伝承がある。中でも有名なものは、出間大八(いずまのだいはち)という人見知りの男が、犯罪に巻き込まれるのではないか、自分の身体は病魔に蝕まれていないかと憂慮を重ねた挙句、神経をすり減らして木になってしまうという話である。長らく、何故心配ばかりしていると人間が木になってしまうのか不思議がられていたが、この大八が木になったと言う話は近年の研究により実話である事が明らかになった。[[奈良県]]にある貝吹神社には大八の成れの果てである巨木が今もなお屹立している。人が木になってしまうという話は、長らくの間、[[あれこれ]]憂慮していても為にならないという訓戒として語り継がれてきた寓話、つまり作り話であると信じられてきたが、大八の話が実話であると立証された以上、憂慮が過ぎると人は木に変わってしまうという話は単なる怪奇譚から恐るべき事実となってしまった。さらに、実際に人が木に変わるところを見たという目撃証言も多数寄せられており、人の面影を残したままの木、つまり[[人面樹]]も各地で発見されている。
 
==木になる人==
3,767

回編集