メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

化粧

4 バイト追加, 2010年12月22日 (水) 18:47
編集の要約なし
== 歴史 ==
古来より人間は、何かプレゼントしたりアクセサリーを付けたりして、何とか異性に気に入られようと涙ぐましい古来より人間は、何か[[プレゼント]]したりアクセサリーを付けたりして、何とか異性に気に入られようと涙ぐましい[[努力]]を重ねてきた。しかし、いくら豪華なプレゼントやアクセサリーを使っても自分の容姿だけはごまかすことができなかった。むしろその豪華な品物に容姿が負けてしまうのである。そこで人間は、顔に物を塗りつけて悪い部分を隠すという方法を考え出した。これが化粧の始まりである<ref>また一部においては健康上の理由から顔を何かで塗ることがその始まりだといわれている{{要出典}}</ref>。
当初は泥や植物のエキスなどの単純なものを用いていたが、まずより美しい、そして落ちにくいものに変えられるようになった。このため、[[水銀]]や[[鉛]]を含む金属の化合物が用いられたりするようになった。しかしこれでは[[不妊]]になることもあり本末転倒であるため、後世では肉体的に影響の出にくいものを用いることになった。現在においては油脂及び金属の化合物、及び動植物のエキスが主に用いられている。
3,767
回編集