「水嶋ヒロ」の版間の差分

516 バイト追加 、 2010年12月25日 (土) 01:52
加えて、初版本では話の大事な部分で誤植するという珍事を印刷会社、というより編集者がやらかした。だが、これも宣伝の一環とされている。そしてなお注目すべきは、小中学校で行われるようなシール貼りという伝統的な修正技術を現代小説に用い、職員らによって一冊一冊にシールが貼られていることである。ちなみに、一部の書店では、シールを貼る時間が都合できなかったため、ポプラ社から直接シールを取り寄せてほしいという前代未聞の顧客対応が話題となっており、宣伝効果は大変大きいものと思われる。
 
一部で本書の内容について、慶応大学とゆかりの深い<n>フランスベッド</n>パラマウントベッドにくっついているハンドルを取っ手にした手回し発電機による人工心臓、という描写があるとの指摘があされていが、天才の水嶋ヒロに限って、そんなバカな表実的なことなど到底ありない。もし本当にあったら、それは編集者の責任。でも、彼ならきっとこういうに違いない
 
 
{{q|このアイディアは世界の文学や医学を右往左往させ、KAGEROUも僕もひんしゅくを買いながら日本ユニセフとともにノーベル賞ものです、感謝!|水嶋ヒロ|手回しハンドル式人工心臓}}
 
 
ところで、その手回しハンドルって、誰が回すの?まさか自分で回すんじゃないよね?