「水嶋ヒロ」の版間の差分

1,057 バイト追加 、 2010年12月25日 (土) 02:06
編集の要約なし
加えて、初版本では話の大事な部分で誤植するという珍事を印刷会社、というより編集者がやらかした。だが、これも宣伝の一環とされている。そしてなお注目すべきは、小中学校で行われるようなシール貼りという伝統的な修正技術を現代小説に用い、職員らによって一冊一冊にシールが貼られていることである。ちなみに、一部の書店では、シールを貼る時間が都合できなかったため、ポプラ社から直接シールを取り寄せてほしいという前代未聞の顧客対応が話題となっており、宣伝効果は大変大きいものと思われる。
 
 
一部で本書の内容について、慶応大学とゆかりの深い<n>フランスベッド</n>パラマウントベッドにくっついているハンドルを取っ手にした、手回しによる人工心臓、という描写があるとされている。天才の水嶋ヒロに限って、そんな非現実的なことなど到底あり得ない。もし本当にあったら、それは編集者の責任。でも、彼ならきっとこういうに違いない。
その後、メディアの情報をうのみにした零細書店が大量に仕入れてしまい、責任販売制のためろくに返本ができずに右往左往させられ、屋台骨が崩れそうになっているため、この先本屋の店長が本当に自殺するのではないか、との懸念が出ている。一方、店長の心苦しさをしり目に、[[ヤフオク]]では大量にこの本が出品されており、読者間の市場取引はいまだ活発といえ、そういう意味では引く手あまたの人気商品といえる。ただし、活況なのは中古だけである。<s>その程度の本です。</s>
 
それでも、第一回大賞作品である「削除ボーイズ0326」のような、今にもこの世から消されそうなKAGEROUのごとき存在になった本が、なお1円で売られていてブックオフに並べられないことを考えると、ブックオフに陳列できるだけの値打は、今のところあるようである。
 
 
ところで、一部で本書の内容について、慶応大学とゆかりの深い<ns>フランスベッド</ns>[[パラマウントベッド]]{{要出典}}にくっついているハンドルを取っ手にした、手回しによる人工心臓、という描写があるとされている。天才の水嶋ヒロに限って、そんな非現実的なことなど到底あり得ない。もし本当にあったら、それは編集者の責任。でも、彼ならきっとこういうに違いない。